日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

流し雛
ナガシビナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年03月03日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

愛弟子大槻義一の監督昇進を祝して、「今年の恋」の木下恵介が自らの原作を脚色してそのスタートを飾った純愛もの。撮影は「ご機嫌はりきり娘」の成島東一郎。

スタッフ

原作
木下恵介
脚本
木下恵介
監督
大槻義一
撮影
成島東一郎
音楽
木下忠司
美術
佐藤公信
照明
飯島博
録音
田中俊夫
スチル
西田俊造
編集
杉原よ志

ストーリー

乙丸音也は新橋にレストランを持っている。彼は中学卒業の直前、九州から上京して苦労を重ね、終戦後、妻の文枝と新橋の駅前で握り飯を売ったのが始まりで、現在の地位まできた。音也は三十年も別れていた不幸な母ふくに、楽な暮しをさせたいと思い、引き取ることにした。音也夫婦には光太郎と保という二人の息子がいる。そして、運転手の八木が毎朝通ってくる。ふくが上京した日、お手伝いさんとして住み込むことになったふみ子が、母のはつに連れられてきた。ふくとふみ子と八木はすぐ親しくなったが、文枝はふくが好きになれない。ある日、口やかましい隣家の隠居に過ってふくが石を投げたことから、文枝は一緒に暮せないと夫に訴えた。そんなとき、はつが郷里へ帰って宿屋の女中になるといって、ふみ子に別れを告げにきた。八木はふみ子に親しみ以上の感情を抱いていた。ふみ子も八木にほのかな愛を感じていた。世間態を気にした文枝は音也に注意させたが、八木はまじめな恋愛だと反駁し、音也がとめるのもきかず乙丸家を去った。春になって、はつからふみ子の許へ流し雛を二組送ってきた。三月三日の夜にその紙雛を抱いて寝、翌日川へ流すと、厄を流してくれるという鳥取地方の紙雛である。ふみ子は一組を文枝に贈った。そのとき、八木が交通事故で入院したことが判り、ふみ子は雛を持って病院へ駆けつけた。音也もきていた。八木のケガは軽かった。タクシーの運転手はこりごりだから、音也の店で働きたいと八木はいった。音也が帰宅すると、文枝がふくと一緒に暮せないと、日ごろの不満をブチまけた。ふくも九州へ帰る決心をしていた。音也はふくを連れて熱海へ出かけた。その途中、ふくは「わたしにもいけないところがありましたよ」としみじみ語った。一方、ふみ子がくれた紙雛を抱きながら、文枝は一晩中泣いた。一夜が明けた。三月三日は文枝の母の命日である。文枝はふみ子母娘の美しい愛情を想い、今は音也が母をかばう気持を素直に首肯する心になっていた。熱海の宿へ電話をかけてから、文枝はふみ子と多摩川へ流し雛に出かけた。八木もふみ子から貰った雛を持って、光太郎とやってきた。二組の紙雛は川波に揺られながら流れて行く。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。