日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男の歌
オトコノウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年03月11日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「椿三十郎」の菊島隆三原作を、「乾杯!ごきげん野郎」の井手雅人と大河寿雄が共同で脚色。「非情の男」の高橋治が監督したボクシングもの。撮影もコンビの加藤正幸。

スタッフ

製作
岸本吟一
原作
菊島隆三
脚色
井手雅人大河寿雄
監督
高橋治
撮影
加藤正幸
音楽
佐藤勝
美術
宇野耕司
照明
市村政次郎
録音
佐藤広文
スチール
赤井博且
編集
浦岡敬一

ストーリー

喧嘩が強くて男っぷりのいい中村純三は、この界隈に縄張りをもつ秋田組の兄貴株。親分の大五郎も幹部の市村も純三には一目おいている。純三の恋人光子は彼が堅気になるのを願っており、酒屋を営んでいる光子の父松造も彼がそうなれば店で働いて貰ってもいいとさえ考えていた。ある夜、純三はふとした事から太洋拳の並木とは知らずに喧嘩して、パンチをうけてのびてしまった。そんな純三の手当をしながら悪態をつく北原医師。彼は亡き純三の父親とつき合いがあったことから、純三を我が子のようにかわいがっていた。翌日、試合を見に行った純三は、並木の堂々とした闘いぶりにすっかり魅せられ拳闘を習おうと決心した。それを知った光子は猛反対。だがその日から、純三はあの手この手で自分を売込みにかかった。その甲斐あって、彼は会長夫妻に認められたが、入門したければやくざの足を洗えと言いわたされた。仕方なく純三は大五郎に盃を返上したいと申出た。それを聞いて殺気だった大五郎に純三は、表向きだけでも盃を返したことにしてもらった。彼は北原にいれずみを消してもらいジムに通い始めた。やがて純三は、大阪で四回戦ボーイとして初出場することになった。だが、大阪へ向う車中愚連隊にからまれた親娘を救おうとして、彼は喧嘩にまきこまれてしまった。このことが会長に知れ純三は出場停止。やけになった彼は再びやくざの世界へもどったが、光子のとりなしでカムバック出来た。その後の彼の成績はめざましく、ついに新人王決勝戦へ--。その前夜、大五郎は純三に八百長試合を強要した。試合当日、白熱化したりングでは純三が追いこまれていたが、次の瞬間、彼のパンチがとび相手をノック・ダウン。約束を破った純三は、その夜大五郎たちの暴行をうけた。無抵抗でじっと耐える純三。これで秋田組とも縁の切れた純三は、今はチャンピオン目指して連日激しいトレーニングにはげむのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。