日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

私たちの結婚
ワタシタチノケッコン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年03月18日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

「山河あり」の松山善三と「三味線とオートバイ」の篠田正浩が共同で脚本を執筆、篠田が監督した青春篇。撮影は「川は流れる」の小杉正雄。

スタッフ

製作
山内静夫
脚本
松山善三篠田正浩
監督
篠田正浩
撮影
小杉正雄
音楽
山本直純
美術
梅田千代夫
照明
中田達治
録音
田中俊夫
スチル
西田俊造
編集
杉原よ志

ストーリー

圭子、冴子の姉妹の家は海苔業者だが、二人は家計を助けるために、川崎にある漁網会社に圭子は会計課、冴子は女工として働いていた。冴子は同じ職場にいる駒倉という真面目な職工に関心を持っていたが、圭子も駒倉と知り合いと知って、駒倉と圭子との結婚を願って二人の間を何かととり持っていた。その圭子には縁談が持上っていた、海苔組合長の息子である。圭子の両親は組合からの借金があるため、何とかこの話をまとめたがっていた。こんな時に、圭子の前に松本が現われた。松本は、昔圭子の家に出入りしていたかつぎ屋だが、今ではある会社の課長になっていた。松本は、美しく成長した圭子に惹かれ、積極的に彼女に接近した。松本と圭子のデートが何回かくり返された。圭子は松本の豪華な暮しにだんだんと傾いていった。そんな圭子に冴子は反発した、姉が貧乏に負けてほしくなかった。駒倉は安月給だからだ。冴子は圭子の気持を駒倉に戻そうとしたが、圭子は駒倉とのデートを断りつづけた。駒倉が愛情を告白しても、みじめな生活はしたくないと答え、母親が重病のため岡山へ帰郷するという松本に、圭子は同行することを承諾した。これを聞いた冴子は姉を激しくなじり、また松本に会って姉を諦めるように頼んだが無駄だった。圭子は松本と岡山へ発った。「駒倉さん、どうしてお姉ちゃんをしっかりつかまえておかなかったの……」行きつけのおでん屋で酔っている駒倉に、涙を流しながらいう冴子の言葉は、駒倉を愛しているからこそ口に出る言葉だった。おでん屋の女将は「冴子さん、あんた本当は駒倉さんが好きだったのね。……あんたの恋愛はこれから始るんだわ。いい男を見つけなさい。大きな目をあいてね」と、優しくいたわるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。