日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黒蜥蜴(1962)
クロトカゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年03月14日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

江戸川乱歩原作を「爛」の新藤兼人が脚色、「女房学校」の井上梅次が監督したミステリーもの。撮影は「夢でありたい」の中川芳久。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
土井逸雄吉田史子
原作
江戸川乱歩
劇化
三島由紀夫
脚色
新藤兼人
監督
井上梅次
撮影
中川芳久
音楽
黛敏郎
美術
間野重雄
照明
安田繁
録音
橋本国雄
スチル
薫森良民

ストーリー

宝石に異常なまで心をひかれている美しい女賊黒蜥蜴は、宝石商岩瀬の令嬢早苗を大阪ホテルでまんまと誘拐してしまった。その場には名探偵明智小五郎が数百万円の護衛費をもらって早苗を見張っていたにも拘わらず、早苗は誘拐された。だが、明智は部下を要所、要所においてあった。早苗はその部下によって取り返された。明智は犯人をその場所に居合わせた緑川夫人を黒蜥蜴だと見破った。黒蜥蜴は、必ず岩瀬の持つアラビアの星をもらいに来るといって姿を消した。東京へ帰った岩瀬は、早苗を自室に閉じこめ、用心棒を雇って警戒は厳重を極めた。しかし、その警戒の目を潜って黒蜥蜴は早苗をまたもや誘拐した。そして、身代金にダイヤアラビヤの星を要求して来た。黒蜥蜴の乾分雨宮は、黒蜥蜴の美貌に心惹かれ、奴隷のごとく黒蜥蜴に仕えていた。だが、黒蜥蜴は、自分の好敵手明智に女心を燃やしていた。岩瀬は指定の場所東京タワーにダイヤモンドを持っていった。黒蜥蜴はダイヤを受取るや、素速い変装で海上に逃れた。明智も黒蜥蜴の乾分松吉に身を変えて、黒蜥蜴の船に乗りこんでいた。やがて船は、ある無人島に到着した。ここには黒蜥蜴が集めた美術品がかくされてあった。人間の剥製や数々のダイヤモンド。無人島の地下室は宝庫であった。黒蜥蜴は早苗を剥製にしようとした。それをかばった雨宮は、早苗と一緒に明日の朝剥製にされることになった。その時、本物の早苗が明智の部下に伴われて無人島に現われ、黒蜥蜴に捕われた。明智が今日あることを予期して影武者を置いておいたのだ。明智は松吉の変装をかなぐり捨てた。その時には、明智の連絡で島は警察隊に包囲されていた。黒蜥蜴は毒を呻り、明智を愛しているといって死んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。