日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

爛(1962)
タダレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年03月14日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Stolen Pleasure  
上映時間
88分  

徳田秋声原作から「献身」の新藤兼人が脚色、「うるさい妹たち」の増村保造が監督した文芸もの。撮影は「誘拐」の小林節雄。

スタッフ

企画
土井逸雄
原作
徳田秋声
脚色
新藤兼人
監督
増村保造
撮影
小林節雄
音楽
池野成
美術
下河原友雄
照明
渡辺長治
録音
渡辺利一
スチル
柳沢英雄

ストーリー

キャバレーのナンバーワンだった増子が、浅井に妻がいると知ったのは同棲して暫くたってからだった。女給時代の友達雪子も近くの安アパートで歌手あがりの青柳と精気のない生活を続けていた。増子をとりまくそんなただれた暮しのしみが、増子にこびりついてくるような日々だった。そんな或る日、浅井の妻柳子が増子のアパートにどなりこんで来た。浅井は本妻の柳子にはつくづくいや気がさしていた。喘息の発作を交えながらヒイヒイ嫉妬に泣きわめく柳子との生活を清算しようとする浅井。そんな男のいい加減さも増子にはよく判った。とうとう浅井は弁護士を立てて柳子と離婚した。浅井と増子は前より良いアパートに移った。柳子は郷里の座敷牢で狂い死にした。寝ざめの悪い増子は柳子の寺詣りをした。その帰途、友達の芳子を訪ねた。元将軍の奥様におさまっている芳子は、子供を生んで老夫の死後も自分の地位を守るつもりだという。それを聞いた増子は、やっとつかんだ、自分の妻の座に不安を感じた。そんな時、増子の姪の栄子が訪ねて来た。果樹園の息子との縁談を嫌って家を飛び出して来たのだ。栄子は浅井の許しを受けて増子と一緒に生活することになった。増子は子供を生める体に返して貰らう手術をうけるため、入院した。その留守中、浅井と栄子は関係を持った。これを知った増子は栄子をはげしくののしり追い出した。だがそれでも不安な増子は芳子と相談して栄子を結婚させることにした。結婚の前日栄子と浅井は山のホテルで秘密の時間をもった。しかしそれを知らない増子は栄子の花嫁姿を見て満足気だった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。