日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

香港の星
ホンコンノホシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年07月14日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Star of Hong Kong  
上映時間
109分  

「続サラリーマン清水港」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「二人の息子」の千葉泰樹が監督したメロドラマ。撮影は「続サラリーマン清水港」の西垣六郎。

スタッフ

製作
藤本真澄鍾啓文
脚本
笠原良三
監督
千葉泰樹
撮影
西垣六郎
音楽
松井八郎
美術
阿久根巖費但夷
照明
西川鶴三
録音
矢野口文雄
スチール
岩井隆志

ストーリー

東南商事の海外駐在員の長谷川透は、香港の繁華街の一角あるソニー香港支店へ日本帰省の挨拶のため友人を訪れた。そこで彼は、中国娘王星[王連]と知り合った。彼女は難民診療所のドクター王椿伯の一人娘で、現在日本女子医科大学の留学生であった。そして東京。星[王連]は父の知人杉本の所に下宿していた。そこには可那子という娘がいたが、デザイナーの卵の可那子の推薦で星[王連]はカメラマンのモデルになった。モデルの仕事で北海道に来た二人はやがて仕事も終り、スキー場で遊んでいたが、運悪く可那子は足首を捻挫した。その時助けてくれたのが、偶然にも休暇で故郷に帰っていた透だった。こんなことから、東京に戻ってからも星[王連]と透は親しく交際するのだった。だが、そんな星[王連]を彼女の父の弟子張英明は、仕事のこと国のことなどをあげて責めるのだった。自分には仕事があると悟った星[王連]は、もう透と逢うまいと決心するのだった。そんな時、透は再び香港へ発つことになった。一方、星[王連]は国家試験をパスし、英明と共に香港へ帰った。だが、父がとめるのも聞かず彼女は香港にとどまらず、シンガポールの病院へ去って行った。シンガポールへ仕事で来た透は彼女を訪れ、初めて結婚の申し込みをしたが、折も折、彼女の父の死の報せで再び別れなければならなかった。駆けつけた彼女に父は自分の主義を娘におしつけたことを深くわび、死んでいった。そんなある日、透は再び転勤になりサンフランシスコへ行くことになった。透が発つ日、教会で父のために祈りをささげる星[王連]は、悲しみのあまりそこを起ち上がれなかった。すでに飛び立ったジェット機を見送る星[王連]、そんな彼女の肩をたたいて、英明は自分の思うとおりに生きなさいとやさしくはげますのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。