日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おったまげ人魚物語
オッタマゲニンギョモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年06月15日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「海人舟より 禁男の砂」の近藤啓太郎の原作『人魚おんもり物語』より「女難コースを突破せよ」の長瀬喜伴と中村定郎が共同脚色、「伴淳・森繁のおったまげ村物語」の堀内真直が監督した喜劇ドラマ。撮影は「喜劇 団地親分」の倉持友一。

スタッフ

製作
佐々木盂杉崎重美
原作
近藤啓太郎
脚色
長瀬喜伴中村定郎
監督
堀内真直
撮影
倉持友一
音楽
木下忠司
美術
川村鬼世志
照明
村田政雄
録音
森沢伍一
編集
太田利夫

ストーリー

東京を離れ平和な漁村白南町に住みついた画家の安藤計策のところに、美人の永井夫人が避暑にやって来た。突然のことに大いに驚いたいた安藤は、夫人を町一番の旅館“飛魚屋”に案内した。永井夫人はイルカ島と言う無人島に毎日通うことになった。白い肌を小麦色に焼くのが目的だった。その送り迎えに、タイ吉君が選ばれた。漁師の純朴な青年タイ吉はすっかり夫人に夢中になり許嫁のムツ子を怒らせてしまった。安藤先生はそんな二人に、何かと面倒をみてやるのだった。また、碁仇の栄一という青年がバーの妖艶なマダム・エマにすっかり参ってしまっている。これも安藤先生が面倒をみなければならなかった。エマは、網元ダルマの妻だが、変な外国人とも関係がある。この銀二というのが大変な色事師で、旅館“飛魚屋”の若主人幸一の嫁ヒナ子とも関係があり、安藤先生の手伝い婆さんおかねの娘スズ子にも手をつけ、小金を捲きあげる悪党ぶりだった。しかし、ヒナ子はこのことが夫に知られてしまい投身自殺を図った。それがもとで、飛魚屋の若主人幸一は、気がくるってしまった。そして、スズ子も銀二の子供を宿し、自殺一歩まで気持が追いこまれてしまっていた。これ以上犠牲者を出したくないと考える安藤先生は、スズ子のお腹の子供は自分の子だと町の人に発表した。スズ子は前々から安藤を尊敬していたので大感激だ。そんな悪党の銀二もついに警察に捕まってしまった。ダルマの金をエマと二人で持逃げしようとしたからだ。夏祭りの当日、安藤家のアトリエでは平六夫妻をはじめ、多くの人が集まってタイ吉とムツ子の祝言が行われ、更に平六の発言で、安藤、スズ子の祝言も簡単にやられた。その場所で、安藤は新しい町会長に推薦された。季節は変ってその年の初秋。スズ子は女の子を産んだ。そして、安藤の絵が文展で特選になった。安藤は二重の喜びに胸が一杯。彼には当分嬉しいことが続きそうだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。