日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

山麓
サンロク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年07月01日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

サンデー毎日連載、丹羽文雄原作の同名小説を「東京湾」の松山善三が脚色、「乾杯!ごきげん野郎」の瀬川昌治が監督したメロドラマ。撮影は「はだかっ子」の飯村雅彦。

スタッフ

製作
大川博
企画
亀田耕司秋田亨
原作
丹羽文雄
脚色
松山善三
監督
瀬川昌治
撮影
飯村雅彦
音楽
斎藤一郎
美術
森幹男
照明
銀屋謙蔵
録音
大谷政信
スチル
山守勇
編集
祖田富美夫

ストーリー

銀座の運動具店に勤める片桐雅子は恋人の速見信吉に正式に求婚されるが、その日、母の滝子から会計士桜井達との縁談を持ち出された。滝子は娘の結婚を自分の美貌を保つための資金かせぎというふうに考える女で、夫の良道はこの勝気な妻の影にかくれて無気力な男になっていた。こうした母によって雅子の姉三人は次ぎ次ぎに結婚させられていた。長女菊乃は、天文学者の大津という恋人がありながら資産家三つ峰のもとへ、次女操は五十嵐のもとへ、と。三女加奈子だけは母に反抗、恋人の鉄道機関士朝山と結婚、貧しい生活を送っていた。そんなとき、菊乃が三つ峰の女道楽にいたたまれず飛出してしまった。今まで莫大な仕送りを三つ峰から受けていた滝子は怒り狂って菊乃を探した。そのころ雅子は桜井に誘われ北海道旅行をした。逃げ出した菊乃は加奈子の許から滝子の姉で料亭由良富の女将牧子の所へ行き自活を決心した。彼女に同情する牧子は昔の恋人大津を菊乃に引き会わせた。大津は改めて結婚を申込むが、三つ峰の亡霊がその肉体に焼きついた菊乃は直ぐには返事ができなかった。三つ峰から片桐家に菊乃の荷物が届けられてきた。離縁されたのだ。怒る滝子は菊乃の着物を売り払った。そんな愛情のない滝子に初めて怒りを見せた良道は、滝子の反省を求める遺書を残し家を出た。八ガ岳の山麓--。ここに消えた良道を求めて四人の娘たちが集まった。滝子もきた。捜索隊の必死の努力で良道は助かった。滝子の目に夫を愛する涙が光っていた。そして愛情と結婚のなにかを知った雅子は、速見に結婚への意思を語った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。