日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

まぼろし天狗
マボロシテング

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年08月12日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「男度胸のあやめ笠」の結束信二が脚本を執筆、「紀州の暴れん坊(1962)」の中川信夫が監督したアクション時代劇。撮影もコンビの三木滋人。

スタッフ

企画
彼末光史三村敬三
脚本
結束信二
監督
中川信夫
撮影
三木滋人
音楽
高橋半
美術
桂長四郎
照明
田中憲次
録音
佐々木稔郎
スチル
福田晃
編集
宮本信太郎

ストーリー

賄賂横行する老中田沼意次執政下の江戸。ある夜田沼邸から脱け出した血だらけの裸女に出くわした、町奉行与力守屋周馬とその配下の目明し明神の清吉は、「やみのごぜん」と言い残して息絶えたその女が麻薬患者と知るが、次いで増上寺に忍び込んだ怪賊をとり押えかけた周馬が、矢場のお艶に短銃で撃たれて追われ、浅川喬之助という旗本にかくまわれて難を逃れた。この男が周馬と瓜二つ、天狗屋敷のあるじとして広く市中に知れ渡っている変った人物であった。喬之助はお役御免となった周馬の身替りを買って出て、明神の清吉や、天狗屋敷の一党と手を結び、江戸の大掃除をすることを誓いあった。その手はじめとして、行動不審の目明し弥十を利用して麻薬の出所をつきとめようとしたが、弥十は何者かに殺されて失敗に終る。そこで、喬之助は周馬になりすますとお艶の矢場を尋ね、彼女ら一味の後だてと言われている謎の人物“闇の御前”の屋敷に案内させることにする。荒れ屋敷に住むこの人物は、田沼悪政に便乗する悪徳役人を巧みに利用、やがては田沼をも克服しようと企らんでいた。天狗屋敷で治療中の周馬は、喬之助が実兄であることを妹志乃から聞かされ唖然となる。一方、喬之助はお艶の手引きで屋敷に乗り込んだが、一味に偽物をあばかれ、地下牢に落ち込んだ。兄喬之助が一味の本拠に乗り込んだことを知った周馬は、天狗屋敷を脱け出してかけつける。同じころ、天狗屋敷の一党の先頭にたった清吉は、田沼の紋所のある駕籠を襲い、中味の麻薬を手に収める。喬之助を中心とする天狗屋敷一党の前に現われる最後の人物、謎の首魁はいったい誰か?

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。