日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あの橋の畔で 第2部
アノハシノタモトデダイニブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年09月30日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

スタッフは前作とまったく同じ。

スタッフ

製作
六車進保住一之助
原作
菊田一夫
劇化
岡田教和
脚色
野村芳太郎山田洋次
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
古関裕而
美術
宇野耕司
照明
三浦礼
録音
栗田周十郎
スチール
赤井博且
編集
浜村義康

ストーリー

「葉子さん……」涙をためて見つめている葉子の顔に、光晴の記憶は徐々によみがえりはじめた。しかし、葉子はその時もはや昔の新村葉子ではなかった。言葉もなく頭を垂れる光晴の姿を後に、あふれる涙をかくして葉子は病室を走り出た。その日、葉子は夫信介の母から、しばらく、兄健二郎の家に帰っているようにと言われた。姑は葉子が光晴のもとにしばしば通っていたのを知っていたのだ。その頃、東洋軽金属では社長以下幹部の信介、健次郎の間に新社屋ビル建築について、予定していた光晴の設計を取り止める話が持ちあがっていた。信介は葉子の抗議も受けつけず、健二郎や兄嫁も葉子を責めるばかりであった。思い悩んだ彼女は、実家のある九州行きの列車に乗りこんだ。数日たった。葉子が家を出たと知った光晴は、その後を追ったが、彼女は健二郎に伴われ、宮崎に来ている信介に会いに出掛けたばかりであった。宮崎県青島--陽のまだ上らない海岸の波打際。哀しみを秘めたあきらめ顔の葉子は、そこで光晴と会った。二人は言葉もなくじーっと見つめ合った。だがその間にはもはやどうしようもない現実の厳しい壁が立ちはだかっていたのである。そんな時、信介を訪れた葉子の父は、もう一度葉子を引き取りたいと言いだした。一年後--。涙を拭った葉子は離婚を決意して、新しい職場に勤めた。女社長は彼女の境遇を知って何かとかばい、町田トキやチカ坊もともすれば挫けそうになる葉子をはげました。だが、当の信介は離婚を承諾しないばかりか、地裁公判の日、関係のある秘書麻美を買収して、葉子が光晴と逢っていたという事実をもとに、逆に提訴して来た。折も折、光晴は恩師の世話で仕事のためにカンボヂアへ飛びたって行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。