日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

かあさん長生きしてね
カアサンナガイキシテネ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年10月13日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Mama,I Need You!  
上映時間
90分  

加藤日出男原作「根っ子文庫刊」より「僕チン放浪記」の楠田芳子が脚色、「霧子の運命」の川頭義郎が監督した母子の愛情物語。撮影もコンビの荒野諒一。

スタッフ

製作
脇田茂
原作
加藤日出男
脚色
楠田芳子
監督
川頭義郎
撮影
荒野諒一
音楽
木下忠司
美術
岡田要
照明
飯島博
録音
松本隆司
スチル
堺謙一
編集
杉原よ志

ストーリー

青森県十三潟西岸十三集落は砂地の痩せた土地だ。母一人子一人で暮らす中川和夫は、中学を出ると身体の弱い母芳野を遠縁の親戚に残して上京し、下町のクリーニング店東洋舎へ住み込んだ。そこには女主人絹、前島、田中が働いている。東洋舎近くの中華料理店金華楼には、和夫と仲良しの米子が働いている。店主は気の良い五郎、女房は男勝りの安代で、米子も兄一人妹一人で、この遠縁の店で働いている。いつしか和夫と米子の間に恋が芽生えていた。米子の兄精一は、そうした二人を見ると困った。何故なら、たった一人の妹の幸せを考えると、和夫が相手では余りにも心もとないからだ。お盆の日、和夫は休暇をもらって青森へ帰った。母は以前より痩せて弱々しくなり、その上、母が厄介になっている親戚の人々は冷たかった。和夫が東洋舎へ帰ると、前島がいなかった。給料の賃上を申し出て辞めさせられたのだ。和夫は残念だった。二人で力を合わせて言ったなら、店でもやめさせはしなかったと思ったからだ。前島の代りに大島が来た。大島は、職人は給料なぞ考えないものだという信念を持っていた。ある日、母が上京して来て和夫と住むようになった。母は米子の力で月給四千円の就職口も決った。が、それも束の間、母は田舎へ帰ると言い出した。和夫は怒ってそのまま青森へ帰した。しかし、母は仕事が辛かったのではなく、老人結核になり和夫の重荷になるのがつらくて一人故郷へ帰ったのだ。すべてを知った和夫はすぐに母の後を追った。母は十三潟砂丘で和夫の住む東京の空を眺めていた。そこへ駈けつけた和夫は、母の胸にしっかりすがりついて言った。「母さんは俺の生き甲斐だよ。母さん、俺のために長生きしてくれ。うんと長生きしてくれ」。和夫の胸に、いつしか優しく逞しい希望が、明るくふくらんで来るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。