日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やま猫作戦
ヤマネコサクセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年10月20日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Operation Enemy Fort  
上映時間
95分  

「キングコング対ゴジラ」の関沢新一のオリジナル・シナリオを、「虹の空」の谷口千吉が監督したアクションもの。撮影は「豚と金魚」の小泉福造。

スタッフ

製作
田中友幸
脚本
関沢新一
監督
谷口千吉
撮影
小泉福造
音楽
佐藤勝
美術
育野重一
照明
山口倖
録音
小沼渡
スチル
荒木五一

ストーリー

広大な中国大陸に日本軍は日夜、ゲリラの襲撃で莫大な損害をこうむっていた。ここ北支最前線を死守する大田原部隊も竜ゲリラの間断なき攻撃に手を焼いていた。そこへ本土より新任将校平良少尉、若葉少尉が配属されてきた。部隊長の大田原少佐と一色中尉は陸士時代の同期だが、反骨の一色は万年中尉で隊長とは犬猫の仲だ。その夜、料理屋「いさみ亭」で二少尉歓迎会が盛大に開かれた。しなだれかかる芸者染丸に平良は「芸者と酒呑むために前線へ来たのではない」ときめつけた。そんな彼に反って染丸は好意を抱くのだった。親日会長李洪白の大豆輸送護衛に若葉少尉があたった。途中、予想通り竜ゲリラに襲われ、大豆運搬車は取られ野村伍長が殺された。茫然とする若葉……だが一色の機転でゲリラの一人を捕虜にしたが何者かに射殺された。一方、平良少尉は特別監視哨指揮を命ぜられ監視哨兵隊のやくざ根性を徹底的に叩き直そうと張切っていた。その夜、平良が留守の間に監視哨は竜ゲリラ隊に急襲され全滅。部隊長は平良少尉が逃亡したと解釈し、若葉に射殺を命じた。その頃、平良少尉はゲリラ砦に潜入し捕えられていた。一方、一色中尉、若葉少尉もゲリラ砦に入ったが、竜将軍をみて驚いた。親日会長の李洪白なのだ。そして李家の張が副司令だった。平良救助のため牢に近づいた若葉の背に冷たい銃口があてられた。そこには部隊赴任の途中会った中国少女が立っていた。「捕虜の兄さん殺した」「殺しゃせん」若葉の説得で彼女の疑いは晴れた。が、一色と若葉も捕えられ平良と共に投獄された。染丸も一味に監禁され、李洪白に拷問されて平良にニセ手紙を書かされた。「竜ゲリラ本拠判明、ただちに全軍にて攻撃せよ、我ら三名は部隊到着までに監視の任につく」○○渓谷に無数の地雷を敷き、大田原部隊を全滅させようと計画しているのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。