日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

歌え若人達
ウタエワコウドタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年01月06日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「背くらべ」の山田太一のオリジナル・シナリオを、「二人で歩いた幾春秋」の木下恵介が監督した喜劇。撮影はコンビの楠田浩之。

スタッフ

製作
白井昌夫木下恵介
監督
木下恵介
脚本
山田太一
撮影
楠田浩之
音楽
木下忠司
照明
豊島良三
録音
大野久男
スチル
堺謙一

ストーリー

日本の男子大学生は五十四万四千五百五十人。その中の四人、森康彦、宮本伸一、岡田一之助、平尾弘は、東京で寮生活をしている大学仲間。一文なしで大学に入った森、勉強第一主義の岡田、成績にも女にも自信のある宮本、母親思いの平尾、この四人が同室だ。が、アルバイトに学業という生活を送っている森は、将来に希望を持てないでいた。ある日、バイト中の森の姿が週刊誌の表紙を飾り、テレビの連ドラの主人公に抜擢された。そんな彼の幸運を宮本は人生はまぐれ当りと懐疑的に反発する。彼の空虚な心はやがて恋人の裕子やガール・フレンドの淑子からも離れさせてしまった。岡田は森の活躍が刺激になり勉学に励むが、そんな彼にいつしか裕子は心惹かれるようになった。一介のサラリーマンを目指す平尾は天下泰平、お袋からのお菓子があればご機嫌だ。がテレビ俳優になった森は、金が入り名前が知れてくるにつけ、仲間から離れて行くようで不安でしょうがない。が、そんな彼を引き止めたのはテレビ女優の厚木紀子だ。そして数日、四人にとって最後の大学祭が近づいてきた。その準備中、自動車部の学生と口論して平尾が気絶した。てんやわんやの中に平尾の母親、森のお袋さん、岡田のお婆さん達が大学祭にやって来て相変らずの騒々しさだ。大学祭もたけなわになり、岡田と裕子、平尾と果物屋の娘、森と紀子らのカップルは楽しそうだ。だが、宮本は一向に興味がない。年も改まり、新人タレント、森の盛大なデビュー発表会の日。会場には岡田、平尾、淑子達のカップルが集まった。が、宮本はひとりぼっち。こうして、ばらばらな四つの青春がそれぞれ未来に向って元気に出発して行った。彼等の未来は明るかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。