日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

どん底だって平っちゃらさ
ドンゾコダッテヘッチャラサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年03月27日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

宮内婦貴子のオリジナル・シナリオを「十代の河」の森永健次郎が監督した社会ドラマ。撮影は「歌う暴れん坊」の萩原泉。

スタッフ

企画
岩井金男
脚本
宮内婦貴子
監督
森永健次郎
撮影
萩原泉
音楽
渡辺宙明
美術
西亥一郎
照明
吉田協佐
録音
太田六敏
スチール
寺本正一
編集
井上親弥

ストーリー

亮太の家は土間と六畳一間のアバラ屋だ。貧しくたって亮太はへいちゃら、妹の京子にとってもいいお兄ちゃんだ。だが亮太の胸を痛めるような事件がおきた。父親が女と駆けおちしてしまったのだ。母親の初恵が日やとい労務者になって港に出るようになると京子は亮太について学校にいき、終業になるまで遊んでいた。隣人の矢田は事情を知り初恵に再婚をすすめた。初恵は再婚を考えなかったが、矢田に説得され、再婚した。新郎は文次といい戦争で片腕を失くしていた。初恵は文次の子をみごもった。だが、初恵は産後のひだちが悪く死んでしまった。文次は生れた子紀年を嬰児施設へあずけた。亮太は京子を連れて屑鉄をあつめ紀年に会いにいった。文次はそんな亮太を可哀そうに思ったがどうにもならなかった。ある日文次は自動車にはねられた。病院に見舞いにいった亮太と京子は、車の持主である大学生沖田耕二に家まで送ってもらった。バラックをのぞいた耕二はあまりの貧しさにおどろいた。耕二は父親と相談して亮太を引取って育てようと決心した。だが、矢田は仲の良い兄弟をひきはなすことに反対した。しかし、亮太の教育問題がむしかえされ、亮太を耕二の家にあずけることになった。それを知った亮太は狂気のようになった。亮太は京子をつれてさまよい歩いた。数時間後、彼らの姿が九階建のアパートの屋上で発見された。危険をきいて警官がかけつけた。だが人影をみると亮太は京子を抱いて金アミによじのぼり、飛びおりる姿勢をみせた。「もう家には帰らないぞ。いつまでも兄ちゃんいっしょにいような」二人はしっかりと抱きあっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。