日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

無法松の一生(1963)
ムホウマツノイッショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年04月28日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Life of a Rikisha-man  
上映時間
104分  

岩下俊作原作“富嶋松五郎伝”の映画化で、過去において坂東妻三郎、三船敏郎で映画化され今回で三度目の映画化である。「この首一万石」の伊藤大輔が脚色、「東京アンタッチャブル 脱走」の村山新治が監督した人情ドラマ。撮影は「安来ぶし道中」の飯村正彦。

スタッフ

製作
大川博
企画
亀田耕司吉野誠一
原作
岩下俊作
脚色
伊藤大輔
監督
村山新治
撮影
飯村雅彦
音楽
三木稔
美術
中村修一郎
照明
原田政重
録音
内田陽造
スチル
山守勇

ストーリー

明治末期の九州小倉の町。芝居小屋常盤座が土建業者結城組の手に渡り、それまで車曳きに限り木戸御免だった習慣を切ったため、松五郎と由松が結城組の間に大乱闘をひきおこし、巳之吉と清次は組を追放され、松五郎も小倉を追放された。ある晩、その松五郎がケガをして宇和島屋に帰ってきた。翌朝、宿の女将豊のすすめで小倉を立退こうとした松五郎は、ケガをした吉岡家の一人息子敏雄を救ったことから、吉岡軍医を知りその縁で吉岡屋敷への出入りが始った。小倉警察の新署長新見と吉岡は中学時代からの親友であったため、松五郎の小倉追放は解消された。しかも松五郎の喧嘩相手が、吉岡の剣道師範大木戸と知って、その因縁に松五郎は驚いた。吉岡は、松五郎の男らしく素朴で純心な態度に心を惹かれ、人一倍弱虫な敏雄の教育を松五郎に頼んだ。菖蒲の節句の日、吉岡は肺炎をこじらせて死んだ。母子は屋敷を出て寺の離れに移っていった。松五郎は、陰に陽に敏雄の世話をやき、良子のよき相談相手となった。十年の月日が流れていった。敏雄は中学から熊本の医大へすすんだ。祇園祭りの日、敏雄は祭礼の研究をしている吉田教授を連れて帰省してきた。久し振りで良子に会い敏雄の帰りを待つ松五郎であったが、母と松五郎に対する敏雄の言葉は冷たかった。敏雄は世間の噂を二人に伝え、松五郎に出入りを止めるように言い切った。松五郎のうけた心の痛手は大きかった。祭りの日、吉田のために本式の祇園太鼓を打つ松五郎の顔は、汗ならぬ涙で濡れていた。その夜、松五郎は昔の喧嘩相手、巳之吉と清次の襲撃をうけた。松五郎はピストルで打たれたが一命をとりとめた。夏、秋が過ぎたある日、良子の許に松五郎が現われた。松五郎は良子を愛していたことを打明け、十年間敏雄の教育にかこつけて出入りしていたことをわび、雪の中へ出て行った。その晩松五郎は雪の中に死んでいった。胸を病んでいたのである。無知で粗暴だが、正義感が強く純粋な心を持った松五郎に良子もいつしか惹かれる心を持っていた。良子は呆然とその知らせを聞くのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。