日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ローマに咲いた恋
ローマニサイタコイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年06月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Love in Rome  
上映時間
97分  

木下恵介が脚本を執筆、「風の視線」の川頭義郎監督がローマにロケした恋愛ドラマ。撮影はコンビの荒野諒一。

スタッフ

製作
脇田茂
企画
菅野次郎入江明夫
脚本
木下恵介
監督
川頭義郎
撮影
荒野諒一
音楽
木下忠司
美術
岡田要
照明
飯島博
録音
松本隆司
スチル
堺謙一
編集
杉原よ志

ストーリー

ローマの裏街、描く絵は認められず、歌手の夢に破れた宮坂千乃との情事にも充たされず狐独をかみしめていた高木は、たまたま絵を買ってくれた秋月に勧められて帰国したのだった。彼の滞欧作品展は好評をうけ、会場には今は人妻となった千乃や謎めいた美少女などが訪れた。その少女の清純な印象は強く彼の心に焼付いたが、千乃とはまた以前の関係を続けるようになった。やがて秋月のアトリエで制作にとりかかったがカンバスに描かれたそれはモデルとは似ても似つかぬあの少女の像であった。偶然にも千乃の口からその少女、野村由子の境遇が知らされた。聾唖児童の愛護園で保母をしているその人は自身も聾唖者であり、近々イタリアへ社会福祉施設を見学に行くという。愛護園を訪ねた高木に由子は、八年前厚生指導所で絵を習ったことがあると黒板に綴り、美しいものを見る目を開いていただいたと感謝するのだった。由子はローマへ飛んだがその汚れを知らぬ瞳は高木の心を奪い、二人の生活を築こうという千乃の懇願も空しいばかりであった。由子が異国の地で疲労のため倒れたとの報せがあった頃、千乃が服毒自殺をとげた。一斉にマスコミの非難を浴びた高木は、秋月に勧められてローマ行きを決心した。ローマに着いた高木は由子の病院を訪ねたが、そこには駆けつけた愛護園の園長もいた。明日は帰国すると挨拶に来た園長の許しをうけ、高木は由子とローマの休日を楽しんだ。短い一日がすぎ、愛し合いながらも二人は別れていかねばならなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。