日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ホノルル・東京・香港
ホノルルトウキョウホンコン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年06月30日 
製作会社
東宝キャセィ・オーガニゼィション 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Honolulu-Tokyo-Hong Kong  
上映時間
102分  

「結婚式・結婚式」の松山善三がオリジナル・シナリオを執筆、「女に強くなる工夫の数々」の千葉泰樹監督がハワイ、香港にロケしたラブロマンス。撮影はコンビの西垣六郎。

スタッフ

製作
藤本真澄林永泰
脚本
松山善三
監督
千葉泰樹
撮影
西垣六郎
音楽
松井八郎
美術
阿久根巖
照明
西川鶴三
録音
小沼渡
編集
大井英史
スチル
秦大三

ストーリー

ハワイのホノルル飛行場に颯爽と降り立ったのは岡本真珠商会の長男雅一。迎えた留学中の弟次郎は俊一の初恋の人桜井美代子が戦争花嫁としてこの地にいることを告げた。浜辺は次郎が推薦したクラスメイトの呉愛玲がミス・ハワイに選ばれ、祝賀パーティの人達でごったがえしていた。ミス・ハワイの賞品は東京・香港旅行で、愛玲の養父母はこの機会にと、香港には彼女の妹と四つの時に決めた婚約者がいることを告げた。翌日、雄一を案内して次郎と愛玲の三人がキラウエア山を登っている時、愛玲から美代子は日本へ帰る旅費を稼ぐためにバーで働いているのだという事実を知らされた。雄一は次郎を使って美代子に日本行きの飛行機の切符を渡した。愛玲の東京見物をかってでた雄一は、羽田に着くや家族の迎えをそっちのけにして、何かとめんどうをみてやるのだった。雄一の心は次第に愛玲に傾いていったが、勝手気侭に出歩いて迷子になってしまった愛玲をブン撲ることによって愛を告白する始末だ。驚いた愛玲が国際電話で次郎にこれを告げたから、驚いた次郎はスッ飛んできた。だが、愛玲と雄一は香港へ立ったあとだった。その頃香港では、素晴しい婚約者の鄭浩を紹介して雄一の本心を確かめようとしたところ、妹の愛蘭から実は鄭浩と愛し合っているのだと告白された愛玲が、心から二人を祝福していた。ハワイへ帰る日も迫ってきたし、次郎も間もなく愛玲の弟になる。クラスメイトのテルコがきっと次郎を慰めていることだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。