日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜を賭けて
ヨルヲカケテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2002年11月30日 
製作会社
「夜を賭けて」製作委員会アートン=Sidus) 
配給会社
シネカノン 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
133分  

「月はどっちに出ている」の梁石日の原作小説を、劇団・新宿梁山泊の座長、金守珍が映画化。戦後の大阪で、在日朝鮮人の集落に住む鉄屑窃盗団の青年の青春を描いた群像劇。

スタッフ

監督
金守珍
原作
梁石日「夜を賭けて」(NHK出版・幻冬舎文庫刊)
脚本
丸山昇一
音楽
朴保
製作
郭充良車勝宰
プロデューサー
元持昌之村松明彦慮鐘侖金應洙
撮影
崔汀友
照明
李錫煥
録音
堀内戦治
美術
大塚聡
編集
大島ともよ
助監督
伊藤聡
制作協力
クルージン

ストーリー

1958年、空襲によって壊滅したアジア最大の兵器工場は、10年以上も廃墟として放置されていた。川向こうに広がる在日コリアンの集落に住む義夫(山本太郎)たちは、毎夜工場に忍び込み、地中に眠る鉄屑を掘り起こしては売り飛ばすタフな連中。毎夜繰り広げられる警察との攻防、仲間同士の喧嘩、危険と隣り合わせの作業。そんな苛酷な毎日をパワフルに生き抜く彼らだったが、しだいに警察の警備が強固になり、警官との全面戦争に突入する。極限状態の日々の中で、義夫は集落にやってきた初子と強く惹かれあうのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。