日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若様やくざ 江戸っ子天狗
ワカサマヤクザエドッコテング

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年09月21日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「てなもんや三度笠」の野上龍雄がオリジナル・シナリオを執筆、「忍者秘帖 梟の城」の工藤栄一が監督した人情もの。撮影は「右門捕物帖 蛇の目傘の女」の鈴木重平。

スタッフ

撮影
鈴木重平
企画
中村有隣松平乗道
脚本
野上龍雄
監督
工藤栄一
音楽
広瀬健次郎
美術
塚本隆治
照明
岡田耕二
録音
野津裕男
スチル
江崎洋
進行
藤井又衛

ストーリー

お役所仕事に嫌気がさして息き抜きの度が過ぎた町奉行影山家の若さま源之丞は、父将監の逆鱗にふれ、勘当された挙句深夜の町に追い出された。数日後、町人姿に身を変え、名も源さんと改め、長屋住いを始めた。ここに住む菊造が源さんに金を借りに来たとき、酒を呑んでいたのと、他の連中が源さんに金を借りてはバクチをしていたということを知ったので、追い帰してしまった。だが借金を断ったことが原因で菊造の娘おしのが女郎屋に売られたことを知った源さんは、おしのを請出して長屋に帰るが、菊造は首を吊って死んでいた。菊造の死は源さんが原因だと長屋の連中は怒るが、家主の娘おさよのとりなしとおしのを連れ帰ったことで源さんと長屋の連中の気持はしっかり結ばれ、バクチを打った若者も心を入れかえた。この白魚長屋は札差辰巳屋惣兵衛が糸を操り、芝崎の熊五郎一家を使って住人を立ち退かせ、若年寄の犬飼周防守の別邸を建てて御気嫌をとろうとしていた。これは源さんがよく調べてみて長屋の連中全員に借金のあることを知って怪しいと思ったからであった。源さんは対抗策として長屋全員の借金を肩がわりして自分の名義にしたが、これに対して辰巳屋は周防守から源さんの父将監に圧力をかける策を取った。そして目明しを使って前科者の長屋の住人柳吉をおどかし、大家の印を盗み出して、土地売り渡し証を作り、強引に長屋のとりこわしを始めた。これに対して源さんは、影山家の運命をかけて、長屋の連中と協力、辰巳屋と対決するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。