日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

秘剣
ヒケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年08月31日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

五味康祐原作“秘剣”より「マタンゴ」の木村武と「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」の稲垣浩が共同で脚色、稲垣浩が監督したハードボイルド時代劇。撮影は「独立機関銃隊未だ射撃中」の山田一夫。

スタッフ

製作
田中友幸
原作
五味康祐
脚色
木村武稲垣浩
監督
稲垣浩
撮影
山田一夫
音楽
石井歓
美術
植田寛
照明
山田偉治
録音
西川善男
編集
武田うめ
スチル
山崎淳

ストーリー

早川典膳は両親を早く失い、拾われて細尾長十郎と兄弟のようにして育てられた。孤児の典膳は剣の腕にかけては、九州小笠原藩の中でも群を抜いていた。しかし、時は太平ムードの寛永年間のこと、典膳にとっては、退屈な毎日であった。その頃同藩に宮本武蔵がやってきた。夢にまでみた武蔵に一目会いたいと申し出た典膳の願いは、指南役としてかなえられた。血気にはやる若者達も、密かに武蔵の剣に憧れていた。天下太平の世の中に剣はいらぬと説く武蔵の言葉も、若者には通じなかった。かっとなった武蔵は畳のへりをおこし、瞬間一閃、スパッと真二つに斬り捨てた。一座シーンとなった中で一人典膳のみ薄笑うのであった。藩の面目をつぶした罪で典膳は師範代はやめさせられ、婚約者勢以との縁談も破談になった。狐独をかこう典膳は逼塞中にもかかわらず、山中のあばらやに身を寄せるのであった。その板の間で一心に鼓をかきならす三輪の修業に励まされた典膳は厳しい修練のはて神技に近い秘剣をあみだすのであった。しかしその典膳を待っていたのは藩の掟を破った重罪人としての罪であった。追ってにまわった義兄長十郎の努力もむなしく切腹を命ぜられ、江戸の大目付島村邸にかん禁される身であった今や剣に命をかける典膳、血走った目が宙をにらむや、惨然と太刀は島村十左衛門を斬りつけた。静かに眠る町。典膳の剣は右往左往する家老、青年剣士を悪魔の如く襲った。長十郎一人、兄弟として育った典膳を斬るか苦悩する長十郎の顔に“典膳の秘剣は邪剣だ”という正義の声が……長十郎の目は、典膳の姿にひかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。