日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

虎の子作戦
トラノコサクセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年09月11日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

藤沢新一・藤信次の共同小説を、「男の紋章」の甲斐久尊が脚色、「探偵事務所23 銭と女に弱い男」の柳瀬観が監督したアクションもの。撮影は「機動捜査班 静かなる暴力」の中尾利太郎。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
関沢新一藤信次
脚色
甲斐久尊
監督
柳瀬観
撮影
中尾利太郎
音楽
池田正義
美術
小池一美
照明
高橋勇
録音
高橋三郎
スチール
寺本正一
編集
辻井正則

ストーリー

ある警察署に、悪と名のつくものなら、何でも手を出すという手に負えない五人の刑事がいた。そのやくざぶりを認められた五人は署長から、何事か耳うちされ、やがてどこへともなく姿を消した。--ここはY新興都市、活気みなぎる街の裏々には、ありとあらゆる悪の花が咲く。旦那、シャネル、パラポラ、六段、忍術と奇妙な名で呼び合う五人の男たち、例の厄介ものの刑事たちだ。彼らはポケットに一枚の写真をしのばせていた。この街の悪徳ボスは大熊という残忍な男。この大熊にも弱味があった。四年前、新聞記者と称する男が、大熊の女を利用して、彼の悪事を調べあげ一冊のノートを作ったのだ。この記者こそ、旦那たちが捜している写真の主飯塚刑事なのだ。彼は警視庁特捜班刑事としてこの市に潜入したのだ。しかし飯塚の正体を見やぶった大熊は、美子を利用して射殺した。そのうえ、部下の小野沢、村越の裏切り行為を知った大熊は、二人を殺そうと決心した。五人のサムライ刑事たちの目的は飯塚刑事殺害の犯人をあげる事と悪徳ボスの悪事の証拠を手にすることだった。美子が事件の証人である事を知った旦那は、彼女の口からやっとのことで証言を得た。二、三日してこわれかかったビルの壁から、飯塚の血みどろの腕が現われた。飯塚刑事はビルの壁に塗り込められていたのだ。大熊逮捕のチャンスは訪れた。大熊が誕生パーテーを開いたのだ、当日仮装して乗り込んだ五人、悪業のかぎりをつくすボスどもを相手にウィスキー攻めにして、グロッキーになったところを救急車に乗せ、一挙に留置所に運び入れた。帰ってきたサムライ刑事達を警視総監賞が待っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。