日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

港に消えたあいつ
ミナトニキエタアイツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年10月05日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

菊田一夫の原作より「ニッポン珍商売」の富田義朗、「泣いて笑った花嫁」の山根優一郎が共同で脚色、「舞妓はん」の市村泰一が監督したアクションもの。撮影は「独立美人隊」の小杉正雄。

スタッフ

製作
杉山茂樹小糸章淳
原作
菊田一夫
脚色
富田義朗山根優一郎
監督
市村泰一
撮影
小杉正雄
音楽
小川寛興
美術
岡田要
照明
青木好文
録音
小尾幸魚
スチル
堺謙一
編集
大沢しづ

ストーリー

五年振りにムショを出た口笛のジョージこと、原田譲二は、昔のシマ横浜へ戻って来た。が、かっての組は潰れ、兄貴分の鉄や弟分の辰は新興勢力の張三元の下で動く身だった。一人になっても、組を盛りかえそうと譲二も懸命になったが、新興勢力の前にはどうする事も出来なかった。そんな時、波止場でグレン隊に襲われていた盲目の少女由比子を救った。身寄りのない、この清純な少女にヤクザの譲二は強くひかれていった。そして、由比子の眼の手術費のために、今は張三元の仕事を引受ける決意をした。手術の日まで二人の心をしっかりと結ぶために、二人は時計を交換したが時悪く譲二達の舟が巡視艇に見つかり、矢田部刑事を射ちそこなった譲二は、仲間を裏切ったと海へ投げられた。丁度その頃、由比子の手術は成功していた。それから二カ月、譲二は運送会社の社長に助けられて、運転手となっていた。一方の由比子も矢田部の世話で製菓工場で働いていたが、譲二への思いはつのるばかりであった。弟分の辰が、譲二の罪をかぶって殺された事を知った謙二は、張三元の居所をもとめて、横浜で格闘となった、その時、譲二はあの時計を落してしまった。矢田部はそれをもって、由比子の所へ行き、譲二は死んだと告げたヤクザの譲二への慕情をたちきろうとしたのだ。しかし、由比子は納得しなかった。譲二に張三元を討つ時が来た。波止場の倉庫で密談中を襲ったのだ。急を聞いて駆けつけた矢田部刑事の一行、烈しい射ち合いの最中に走りよっだ由比子をかばう譲二に銃弾が飛んだ。がっくりくずれる譲二を抱きかかえながら由比子の「譲二さん! 譲二さんですわね!」と呼び続ける声を「違う、俺はそんな男じゃねえ」とうち消す譲二の声が波止場に悲しく響いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。