日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暗黒街NO.1
アンコクガイナンバーワン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年12月19日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

菊田一夫原作“香港ジョー”より「ギャング忠臣蔵」の松浦健郎が脚色、「風速七十五米」の田中重雄が監督したアクションドラマ。撮影もコンビの高橋通夫。

スタッフ

企画
藤山健彦
原作
菊田一夫
脚色
松浦健郎
監督
田中重雄
撮影
高橋通夫
音楽
木下忠司
美術
後藤岱二郎
照明
田熊源太郎
録音
西井憲一
編集
中静達治
スチル
薫森良民

ストーリー

西原譲二はまたの名を香港ジョーと呼ばれるギャングの首領で、五人の部下は皆元兵隊である。ホテルニュー香港の社長であるアンポが黒幕となって、暗黒街を荒し廻り、警察の捜索にもかかわず正体を現わさなかった。浅川邦子達ピンクドールの一行はジョーの誕生日に日本に呼ばれて来たが、邦子はジョーと愛しあうようになった。アンポは香港ジョーが、あまりに有名になったので、彼を消すために殺し屋健次をさしまわした。が、その健次もジョーに親しみを感じて来るのだった。伊村は邦子の父で、元憲兵中尉、ジョー達を死ぬ程いじめぬいた奴で、今は日本の麻薬ボスとなって香港に麻薬を買いに来た。ジョーは伊村をつれ戻し、ジョーの邸に軟禁し、昔の仇と半死半生のリンチを加えた。この単独行為に怒ったアンポは、部下を使わしてジョーを殺しにやった。ジョーが邦子と逢っている頃、軟禁された老獪な伊村は、交代に来た谷本に「助けてくれたら、日本へ連れて行く」と誘惑するのだった。誘惑に負けた谷本は、仲間を裏切った。そんなうち伊村はアンポに救けられた。帰って来て全てを知ったジョーは機関銃で、アンポ一味と銃撃戦を展開した。愛する邦子の父が伊村であることを知ったジョーは、伊村との戦いをさけたが、彼から狙われてついに伊村を撃ってしまった。その時、警官がなだれこんでアンポ一味は逮捕された。どうやらその場をのがれたジョーと健次は、再び対決した。「お前を消さねばならない」という健次。その前に邦子に合わせて欲しいと願うジョーの頭上を邦子を乗せた飛行機が飛び去った。思い残すこともないジョーは健次と決闘する決意をし、ボートを沖へ向けて走らせた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。