日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

香港クレージー作戦
ホンコンクレージーサクセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年12月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Operation Krazy  
上映時間
93分  

「女の歴史」の笠原良三が、オリジナル・シナリオを執筆、「国際秘密警察 指令第8号」の杉江敏男が監督した喜劇。撮影は、「太陽は呼んでいる」の完倉泰一。

スタッフ

製作
藤本真澄渡辺晋
脚本
笠原良三
監督
杉江敏男
撮影
完倉泰一
音楽
神津善行
美術
村木忍
照明
西川鴨三
録音
小沼渡
編集
小畑長蔵
スチル
秦大三

ストーリー

駅前の飲ん平横丁は立ち退き問題で大騒ぎ。小料理屋の八太郎、とんかつ屋の安吉、ホルモン焼屋の敬一の三人は、中でも一番強硬な反対組だ。今日も集まって、小料理屋の板前大塚太郎も加わって知恵をしぼっている。第百商事の植田は、この横丁に何カ月もツケをためているC調な男だが“立ち退き料とひきかえに借金を棒引きに”と申し出たが、中国人の資本で中華大飯店が出るのに気が滅入った三人は、あくまでも頑張った。植田は、こんな三人をしりめに、単独で中南公司にのりこみ、汪社長を訪れ、汪の持つ香港のビルと交換に、立ち退きを交渉した。意気ようようと帰った植田は飲ん平横丁の住民をまるめて香港に行くことになった。会社を辞めて香港に行く植田に、経理課の浜野は一緒につれていって欲しいと頼んだ。又、飲ん平横丁の流しの石井、桜橋も香港行きと決った。商売の運転資金は、ラクダビールの社長にたのみこみ、三千万の融資をさせた。さて香港にのり出した一行八人は、汪のビルに日本レストラン「菊花亭」を開店したが、五日たっても客はゼロだった。植田の窮余の一策で香港のメインストリートにちんどん屋を繰り出そうとしている時、日本人のショーダンサー麻美と、混血歌手中美樹子に会った。ともかく、計画通りチンドン屋をくり出した植田は法律にふれて留置場行きとなった。翌日汪の助力で釈放されたものの一同ガックリ。がそこへ新聞で見て駈けつけて来た麻美らの協力を得てチンドン屋のバンドは香港一のナイトクラブに出演することになった。そこで土地の有力者張に気に入られた一行は、「菊花亭」をバック・アップしてもらうことに成功し、江戸っ子の香港上陸作戦は大成功に終った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。