日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

勢揃い東海道
セイゾロイトウカイドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年01月03日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「忍びの者」の高岩肇のオリジナル・シナリオを「血煙り笠」の松田定次が監督した股旅もの。撮影もコンビの川崎新太郎。

スタッフ

製作
大川博
企画
高橋勇辻野公晴玉木潤一郎田口直也
脚本
高岩肇
監督
松田定次
撮影
川崎新太郎
音楽
富永三郎
美術
川島泰三
照明
山根秀一
録音
東城絹児郎
スチル
江崎洋
編集
河合勝巳

ストーリー

ここ清水の町は、今売り出しの次郎長がはじめて開く花会に詰めかけた諸国の親分衆で大変な賑いである。名附け親次郎長に誕生を迎えた太郎吉を見せようと女房お新ともどもやって来た吉良の仁吉は、兄弟分神戸の長吉の訪門をうけた。長吉は荒神山の縄張りをお新の父安濃徳に奪われたという。一躍安濃にとんだ仁吉は義理を尽して頼み込んだが、甲州の黒駒勝蔵の後盾で強気な安濃徳の姿に決心を固めた。「喧嘩だァー」年に一度の荒神山の祭礼に出かけた大政、小政はこの声に裏山へ駈けつけた。そこには卑怯な安濃徳の鉄砲で朱に染った仁吉の無惨な姿があった。「安濃徳は許してやってくれ」仁吉の最後の言葉だった。はなしを聞いて「叩っ斬る」と安濃徳の前に現れた旅鴉は大前田の栄次郎、平あやまりの安濃徳から荒神山を返すという言質を取って立ち去った。卑怯な安濃徳は各地の親分を集めた席上、長吉が荒神山を譲るという証文を披露した。だがこれも長吉の母お松を人質に無理矢理押させた爪印だったのである。真相を告げようと清水へ走った長吉は途中安濃徳の子分に斬りつけられ、死の寸前辿り着いた。ついに次郎長は立ち上った。安濃へ向って急ぐ一行を仏と呼ばれる身受山鎌太郎が遮った。血気にはやった鬼吉のカン桶かついだ直談判の一幕もあって、結局これは安濃徳と組んだ悪代官配下の役人たちが待ち伏せる街道を避け、裏街道を次郎長に教えるための鎌太郎の策だと分った。その役人共も身受山に泊っていた山岡鉄舟の一喝に腰を砕かれた。黒駒一家の援助を得て総勢五百を数える安濃徳勢に、少数の清水一家が猛然と殴り込んだ。卑怯な隠し鉄砲を狙い撃つのは駈けつけた栄次郎手練の短銃、次郎長に加勢する乙女の大八、寺津の間之助一家の姿が入り乱れて、凄じい修羅場が展開された。日本晴れの伊勢の海辺、東海道の民を守ってくれと頼む鉄舟、引き受ける次郎長の背後に朝日が照り映えていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。