日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

士魂魔道 大龍巻
シコンマドウオオタツマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年01月13日 
製作会社
宝塚 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Whiriwind  
上映時間
106分  

南条範夫原作『士魂魔道』より、「大盗賊」の木村武(1)と「秘剣」を監督した稲垣浩が共同で脚色、稲垣浩が監督した時代劇。撮影もコンビの山田一夫。

スタッフ

製作
田中友幸
原作
南条範夫
脚色
木村武稲垣浩
監督
稲垣浩
撮影
山田一夫
音楽
石井歓
美術
植田寛
照明
小西康夫
録音
西川善男
編集
岩下広一
スチル
山崎淳

ストーリー

大阪夏の陣、今、落城しようとする天主閣を前に、大阪方の勝利を信じていた三人の若武者がいた。深見重兵衛、草薙修理、奥野久之助だ。最後の砦であった天主閣も、徳川方に寝返りをうった武藤、鷲尾のために炎上した。城内の静かな場所を切腹の場所ときめた重兵衛は、そこで侍女の小里を甲賀流忍者織江から救った。いまは切腹することも出来なくなった重兵衛は、小里、国松君と共に難民に交り、国松君の家までにげのびた。危いところを救ってくれた虚無僧は、「時代の大竜巻にまきこまれて、自分を見失うな」と言って去って行った。一方国松君は六条河原で処刑に会い、徳川方は九十郎と満太を利用して、豊臣方の残党を、六条河原に集めさせた。計略にのった重兵衛は、織江に、小里は虚無僧に助けられ、秀月尼の住む尼寺へ逃げこんだ。一方辻斬りとなった修理は、偶然、小里の姉で、かつて憧れを抱いた菊江と再会した。しかし菊江は、今身を売る女となっていた。また久之助は、町で物売り商人となっていた。刑場で忍者の姉弟に捕まり監禁されていた重兵衛は、織江の好意で荒縄を解かれ、街で修理と菊江に再会し、小里の居所を知り訪ねたが、恋に苦しんだ小里も織江につかまり一軒家に連れ去られていた。一方大阪城の焼け跡から出た金二万八千枚、銀二万四千枚を、九十郎と満太は、豊臣家再建の名目で着服しようと計った。根城は小里のいる一家屋だ。御用金を前に、醜い人間の争い、九十郎も満太もそして修理も菊江も、その醜さの中で果てた。と突如、大竜巻が、人間の醜さをはらう如くひきおこり、残ったのは守重、重兵衛、小里の三人であった。「命を大切に……」守重の言葉を後に重兵衛と小里は旅立っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。