日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

現代金儲け物語
ゲンダイカネモウケモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年02月01日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「独立美人隊」の菅野昭彦がオリジナル・シナリオを執筆、「あらくれ荒野」の酒井辰雄が監督した風俗ドラマ。撮影は「「可否道」より なんじゃもんじゃ」の堂脇博。

スタッフ

製作
杉山茂樹斎藤次男
脚本
菅野昭彦
監督
酒井辰雄
撮影
堂脇博
音楽
牧野由多可
美術
芳野尹孝
照明
佐久間丈彦
録音
栗田周十郎
スチール
赤井博且
編集
谷みどり

ストーリー

料亭“花月”の主人米造は、養子のうえに長い戦争のおかげで、留守中長女の巴絵、次女の恵子をかかえて“花月”を繁昌させた妻のかつには、頭があがらない。彼の慰めは、かつの目を盗んで競輪にゆき儲ける事と、バーのホステスひろみに会う時だけだ長女の巴絵は大阪で中国人の季のもとに嫁ぎ、“花月”をつぐのは次女の恵子だが、店の板前の留吉はこの恵子を秘に愛していた。しかし恵子は一向に店をつごうとしなかった。そんな所へ巴絵が夫婦喧嘩の末、帰って来た。かつは、これを機会に巴絵と店をがっちりやってゆこうと改築資金三百万をかけて工事にかかった。一人のけものにされた米造はおもしろくない。とうとうかつと喧嘩して、大阪の季の所に身を寄せた。姉の家出に気をもんだ恵子の粋な計いで巴絵の誤解もとけ姉夫婦は元のさやに納ったものの、又も米造だけが宙にういてしまった。そこへ丁度よい事件がもちあがった。工事をたのんだ安原が三百万もってドロンしたのだ。米造は、競輪で儲けた三百万の使い所と傷心のかつの前に、ポンと投げ出した。男まさりでも、そこは女、以来夫婦仲もよく、うまい料理を食べさせては、客を呼んでいる花月である。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。