日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ど根性物語 図太い奴
ドコンジョウモノガタリズブトイヤツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年01月19日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

今東光の原案より、椎名竜治がシナリオを執筆「新忍びの者」の森一生が監督した風俗ドラマ。撮影はコンビの今井ひろし。

スタッフ

企画
久保寺生郎
原案
今東光
脚色
椎名竜治
監督
森一生
撮影
今井ひろし
音楽
大森盛太郎
美術
太田誠一
照明
伊藤貞一
録音
林土太郎
編集
谷口孝司
スチル
三浦康寛

ストーリー

天井のない蚊張を売って留置場に入れられたテキ屋の辰は仲間の脱走を手伝って厳しい拷問を受けるが、腕が折れたと偽って、釈放に成功、厄払いに競馬場でノミ屋から有金をはたいて馬巻を買う。これが大穴を当てるが肝心のノミ屋に金がなく、怒った辰はその親分の所に押しかけるが、かえって気っぷを買われてノミ屋の仲間入りをした。ところがこの親分と黒幕の市会議長が八百長レースを仕組んだことを知り、黒幕の女である芸者と出来てしまったことも手伝って、飛び出し彼らに対抗するバナ久一家に身を寄せ、バナナの叩き売りを手伝う。しかし、市一番の実力者の黒幕は卸し屋に圧力をかけてバナナの仕入れをストップした。これに対抗して辰は元土建業者のバナ久とはかり折りから行われた河川工事に最低価格で落札し、黒幕の鼻を明かした。しかし悪らつな黒幕は過半数の議員を買収、再入札を申請した。これを知った辰はカンカンに怒って半てん姿で議場の中に躍り込んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。