日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忍び大名
シノビダイミョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年01月25日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「人斬り笠」の比佐芳武がオリジナル・シナリオを執筆、「残月大川流し」の佐々木康が監督した時代劇。撮影は「血と砂の決闘」の山岸長樹。

スタッフ

企画
坂巻辰男松平乗道
脚本
比佐芳武
監督
佐々木康
撮影
山岸長樹
音楽
阿部皓哉
美術
桂長四郎
照明
中山治雄
録音
安田俊一
編集
宮本信太郎
スチル
吉田晴光

ストーリー

加賀藩主前田侯の嫡男勝丸は、側室お半の方と側用人大沢内蔵丞との間の不義の子、安之助との嫡男争いの中で不遇の身をかこっていた。一方石川寅次郎という勝丸派の男はお忍びで大沢一派の悪事にさぐりを入れていた。時も時、水戸の江戸藩邸に加賀藩の内情暴露の書状が投げこまれた。これを知った水戸黄門も真偽を確かめるべく寅次郎と同じ長屋に住みついた。寅次郎を同志原田に尾行させた大沢は剣客犬上一門に襲撃させたが、寅次郎は一命をとりとめたものの意識不明に陥った。この苦渋を見た勝丸は大沢派と闘い家督を継ぐことを決意した。勝丸の理解者である利加も加勢し黄門も犬上道場を探らせた。利加は安之助君が不義の子であることを知ったが、大沢の手によって蛇倉に捕われた。大沢は事の露見を恐れて勝丸毒殺を企て親子対面をはばんだ。一方勝丸派は、勝丸が毒にあたったと見せかけて黄門と助け出された利加らは国入りする綱紀の行列を追った。大沢一派は安之助の跡目相続を急ぐあまり道中で綱紀を暗殺しようと計った。勝丸も早くもその動勢を感じ大沢一派と決着をつけようとした。陰謀露見と知った大沢と必死の勝丸の前に砂埃りをあげてかけつけた騎馬一騎、病身に鞭うった寅次郎の姿であった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。