日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗
ミスタージャイアンツショウリノハタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年02月12日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「新・夫婦善哉」の八住利雄がオリジナル・シナリオを執筆、「喜劇 駅前女将」の佐伯幸三が監督した野球映画。撮影もコンビの黒田徳三。

スタッフ

製作
佐藤一郎金原文雄
企画
垣内田鶴
脚本
八住利雄
監督
佐伯幸三
撮影
黒田徳三
音楽
服部良一
美術
小島基司
照明
比留川大助
録音
原島俊男
スチール
中山章
編集
広瀬千鶴

ストーリー

巨人軍のスタープレーヤー長島は、三冠王を目指して、箱根山中をトレーニングにはげんでいた。打率三割四分、昨シーズンの長島の成績は打撃王にランクされながらも、大偉業“三冠王”を勝ち取ることはできなかった。いよいよペナント・レース開幕。野球の話題は日一日と盛り上ってゆく。或るハイヤーの運転手戸部伸吉の一家、娘の道子、息子の正男、挙げて巨人一辺倒。巨人軍は川上監督のもとチームワークも絶好で破竹の十三連勝を重ねている。がシーズン半ば、長島のファンが、サインをもらっての帰り途、自動車事故で死亡したことから、巨人打撃の中心長島は強いショックを受け、調子をおとした。また、右手薬指デッドボールという痛手にもめげず、たち直った長島は中日、西鉄をも粉砕して日本シリーズを獲得、セ・リーグの最高殊勲選手、最優秀選手とプロ野球最高の栄誉に輝いたのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。