日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青い目の花嫁はん
アオイメノハナヨメハン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年03月29日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

松山善三の原作を、林秀彦が脚色、「ローマに咲いた恋」の川頭義郎が監督したメロドラマ。撮影は「歌くらべ満月城」の荒野諒一。

スタッフ

製作
沢村国男
原作
松山善三
脚色
林秀彦
監督
川頭義郎
撮影
荒野諒一
音楽
木下忠司
美術
重田重盛
照明
寺田重雄
録音
服部満洲雄
編集
天野栄次
スチル
田中辰造

ストーリー

アメリカから留学しているエルザ・ハドソンは下宿の娘、なみの勧めで京都、奈良見物に出かけ、そこで出鱈目なガイドをしている丸橋吉男に出会った。それを非難して帰ってきたエルザは、なみに文楽見物を推められた。翌日文楽座を訪れた彼女はそこで丸橋吉男に出逢った。吉男こそ吉田小吉であり、アルバイトにガイドをしていたのだ。エルザは文楽にすっかり感動し小吉を待ちうけ弟子入りを頼むのだった。それからエルザの文楽生活が始まった。「文楽を世界に知らせるよりも先に日本に紹介する必要がある」と、説くエルザの強硬な意見は兄弟子達の反感を買った。しかし、エルザの熱心さにひかれた小吉は人形を手にしていろいろと教えてやるのだった。それを知った小吉の師匠吉田正三郎は、エルザとのつきあいを禁じた。余りのことに口答えする小吉をエルザは逆に叱り自らも正三郎の前に手をついて詑びるのだった。小吉とエルザの交際は進みやがて婚約した。が、エルザの父も小吉の父も反対だった。そんなエルザをなみは、励ますのだった。翌日、小吉を連れたなみは、兄の剛太郎にエルザとの結婚を許すよう掛けあった。あまりに熱心な二人のようすに、ついに剛太郎も折れ、エルザの父が日本にやって来たのを機会に、ハドソンの父も承服、ここに、芸術を基にした、青い花嫁はんが誕生した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。