日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

車夫遊侠伝 喧嘩辰
シャフユウキョウデンケンカタツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年04月05日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

紙屋五平の原作を「残月大川流し」の加藤泰と鈴木則文が共同で脚色、「風の武士」の加藤泰が監督した仁侠もの。撮影は「人斬り笠」の川崎新太郎。

スタッフ

企画
坂巻辰男日下部五朗
原作
紙屋五平
脚色
加藤泰鈴木則文
監督
加藤泰
撮影
川崎新太郎
音楽
高橋半
美術
井川徳道
録音
中山茂二
スチール
杉本昭三
編集
宮本信太郎

ストーリー

明治も末期の頃。車屋の辰五郎は東京で事件を起し、新盛り場大阪へと流れて来た。大阪駅前は西村組が取り仕切る縄張りだが、一匹狼の辰五郎はその縄張りを歯牙にもかけず、持前の気ッ風とゴム輪の人力車で人気を呼び、車辰として異名をたかめていた。そんな折も折、西村組の親分弥三郎が思いをかける芸妓喜美奴が辰五郎の車にのった。お互い鼻ッ柱の強い二人のこと、一寸した言葉の行き違いから辰五郎は、喜美奴を川の中へ放りこんでしまった。赤い蹴出し散らつかせながら落ちて行く喜美奴を見た瞬間、辰五郎は彼女に惚れこんでしまった。日頃の恨みもあって、西村組は辰五郎を弥三郎の前に連れていった。このオトシマエはと詰寄る西村組の前で、辰五郎は喜美奴に惚れた事を話し、自分の身柄は西村組でどう処分しても構わないと度胸をみせるのだった。弥三郎はそんな辰五郎に一目惚れ、二人の仲人をかって出た。しかし、弥三郎が喜美奴に惚れていると知った辰五郎は、彼女との結婚を断ってしまった。辰五郎の心意気を知った弥三郎は、喜美奴の妹分、玉竜を囲うと言いだし、二人の結婚を迫った。だが、辰五郎の弟分を任ずる銀二郎と玉竜はできた仲だ。何も知らない辰五郎と喜美奴は結婚する事になった。その最中弥三郎は警察にあげられた。弥三郎の義兄半田弥太郎との柔術試合に敗れた矢島に禁制のダイナマイト漁を密告されたのだ。矢島は弥三郎の留守を狙って縄張を拡げていった。辰五郎は弥三郎の女房おとくを盛り立てて、必死の防戦を続けた。そんな頃に弥三郎が出所して来た。それを知った矢島は、弥三郎の暗殺を計った。だが、襲撃は矢敗に終わり、弥三郎の身代りとなって銀二郎が死んだ。泣き濡れる玉竜と喜美奴の姿を背に、辰五郎は矢島との決闘の場へ出かけて行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。