日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

拝啓総理大臣様
ハイケイソウリダイジンサマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年04月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「続拝啓天皇陛下様」の野村芳太郎がシナリオを執筆、監督した喜劇。撮影もコンビの川又昂。

スタッフ

製作
杉崎重美
脚本
野村芳太郎
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
野村芳太郎
美術
宇野耕司
照明
三浦礼
録音
栗田周十郎
編集
浜村義康
スチル
梶本公夫

ストーリー

角丸は時代にとり残された“売れない漫才師”だ。一方角丸の昔の相棒、ムーランは、妻のルージュと組んだ時事漫才「拝啓総理大臣様」が当って今をときめくテレビタレントだ。人が良すぎて要領の悪い角丸だが、彼の師匠鶴松の死に会って発奮し、もう一度晴れの舞台を飾ろうと上京した。東京に着いた角丸は、早速昔の相棒ムーランに会いに行くが、そのころムーランは、やきもちやきの妻ルージュに浮気の現場をおさえられて、てんやわんや。そんな時角丸が会いに来たのでは相手になってくれるはずがなかった。それでも昔の友情から角丸に芸能社を世話してくれたが、その職場はボイラー焚きだった。くさった角丸は、自分の才能に絶望してヤケ酒を飲む毎日が続いた。そんなある日、一ぱい飲屋で幼馴染アヤ子と再会し、気をとりなおした角丸は、上京する途中知り合ったハーフのアヤ子と組んで“四角い顔と黒い顔”のキャッチフレーズで、どさ廻りの一行に加わり、再び漫才をはじめた。村から村へと流れ歩き、笑いをふりまく二人だったが、その後姿はさびしかった。そのころムーランは、週刊誌にスキャンダルを書きたてられ、ルージュとの離婚話が持ちあがっていた。そんなルージュにいや気がさしたムーランは、角丸を呼び帰して、テレビに出演したが、初めてのテレビ出演ですっかりあがった角丸のために失敗した。角丸は再びもとの一座に帰り、アヤ子を相手に相変らず“古い漫才”を演しものに村から村へとあてどない旅に出るのだった。ムーランはルージュとの離婚を解消し、人気コンビは復活した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。