日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

僕はボデイガード
ボクハボデイガード

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年05月16日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「妻という名の女たち」の沢村勉と「泣いて笑った花嫁」の山根優一郎が共同でシナリオを執筆「わんぱく天使」の久松静児が監督したサラリーマンもの。撮影は「若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん」の梁井潤。

スタッフ

製作
杉原貞雄市川久夫
企画
高島幸夫
脚本
沢村勉山根優一郎
監督
久松静児
撮影
梁井潤
音楽
広瀬健次郎
美術
加藤雅俊
照明
小西康夫
録音
上羽民男
スチール
岩井隆志
編集
庵原周一

ストーリー

小豆島の漁師のセガレに生れた北一平は、警官になりたくて上京したが柔道三段の腕前が認められて、BG(つまりボデイガード)となった。綿密な注意力と周到な警戒心、生命を捨てる覚悟も必要な職業だ。一平は、大臣つきのBGとなった。BGでも憧れの仕事だ。初の仕事は、杉浦大臣について、歓楽街へのりこんだが、変装がみやぶられて飲み屋のミチ子、かおる等に裏切者と投石に会った。それが翌朝の新聞にデカデカと出て、しかも一平が杉浦大臣を見事に護衛している格好になっていた。これが緑で、一平は、××大臣つきとなった。××大臣は、桃代という愛妾の家に出入りするので、玄関で待っていることも度度だ。一平は目下、BGの大先輩である高木の長女雪子に好意を寄せている。が雪子は冷たい人だ。妹の節子は、どうやら一平に好意を寄せている様子。節子も雪子に劣らず美人だ。だがBGにも悩みがある、同じ人間同士が血を流すデモ隊阻止の仕事だ。防弾チョッキを着けて一平は悩んだ。やがて遠山大臣つきとなった。同郷出身の大臣だ。雪子には、けられたが、可愛い節子の承諾を得て、一平は意気ようようだ。遠山大臣が錦を飾って故郷へ帰った。地元は目下埋立地問題をめぐって当局と対立中だが、幼馴染の留五郎にからまれて大臣の命が危い。一平は暴力を絶対に憎む。節子と結婚して、総理大臣つきとなった一平に、ケネディ暗殺のニューズが報道された。一平の暴力への憎悪は一層激しいものとなった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。