日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

警視庁物語 行方不明
ケイシチョウモノガタリユクエフメイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年12月05日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
57分  

「警視庁物語 自供」の長谷川公之がシナリオを執筆「警視庁物語 自供」の小西通雄が監督した警視庁シリーズ。撮影もコンビの山沢義一。

スタッフ

企画
斎藤安代登石雋一
脚本
長谷川公之
監督
小西通雄
撮影
山沢義一
音楽
菊池俊輔
美術
田辺達
照明
神谷興一
録音
大谷政信
編集
田中修
スチル
丸川忠士

ストーリー

大和皮革の技師、松井、小山の二人が、一夜突然行方不明になった。二人はその夜残業をしており、現場から血液反応が認められた。ただちに警視庁捜査一課が出動した。松井は専門学校卒で最近妻と別れ、淋しさをアルサロの女給すみ子と遊んでまぎらしていた。一方小山は大学卒で会社からイタリアに留学させてもらうことになっていた。そんなことから日ごろ小山は松井のねたみを受けていた。さらに、その夜駅で松井らしい姿を見たという目撃者が現れ、捜査本部は、松井を本星とにらんで捜査を開始した。しかし小山の死体は依然として現れなかった。そんなおり小山の本籍宮崎からの照合により、小山は旭化学に勤務し、人相写真とは全くの別人であることがわかった。写真の人物は小山の同級生で、同姓の庄太であった。庄太は大学を中退し学歴から本籍まで詐欺して小山になり変り、さらに会社の女子社員美代と関係を持つ部長川原を脅かしてイタリア留学を運動させ、美代をも自分のものにしてしまった。そんなしたたかものの庄太だが捜査陣に追いつめられて、自殺を決意してビルの屋上へ走った。しかし美代の通報で庄太は捕えられたが松井の死体は発見されなかった。庄太も頑強に口を割らなかった。しかし庄太が働いていた、皮革工場の濃硫酸の液体の中には松井惨殺をものがたるプラスチックのカフスボタンが不気味に浮んでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。