日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

悪名太鼓
アクミョウダイコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年08月08日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

今東光の原作を「宿無し犬」の藤本義一が脚色「駿河遊侠伝 賭場荒し」の森一生が監督した悪名シリーズ九作目。撮影もコンビの今井ひろし。

スタッフ

企画
財前定生
原作
今東光
脚色
藤本義一
監督
森一生
撮影
今井ひろし
音楽
斎藤一郎
美術
太田誠一
照明
伊藤貞一
録音
林土太郎
編集
谷口登司夫
スチル
三浦康寛

ストーリー

河内の夏祭りの資金を手に入れるため、清次が朝吉の大事にしていた太鼓を売ったことに気づいたのは、清次が太鼓と共に九州の狼王会のもとに出発した直後だった。すぐ後を追った朝吉がトラックの上で清次ととっ組みあいをする内に、狼王会の若者の匕首が、太鼓の皮を破ってしまった。そのうえ、朝吉はトラックから落ちて、太鼓はとうとう九州へ運ばれた。憤懣やるかたない朝吉のもとへ、「セイジコロサレタ」の電報が届くや、胸のうちは、逆上して、朝吉は関門トンネルを越えた。花輪に囲まれた清次の告別式。だが、祭壇の写真は、清次とは別人の顔。朝吉の名前を聞くなり、姿を消した喪服に真珠をつけた女。奇妙な雰囲気の葬式に、一きわ大きな花輪は、清次が太鼓を貸した相手“狼王会菊沢”の名前であった。死んだ清次という男の女房宏子から、朝吉は、宏子の夫は密入国人で、菊沢から清次の戸籍を買うと、香港ルートの密輸グループに誘われたが、断わったために殺されたと聞かされた。一方清次は、太鼓の胴に五億円の密輸品をつめて、関西ルートに流すと聞かされて驚愕したものの、戸籍を失った今、菊沢の言う通り動くより仕方がなく、宏子を連れ出す手助けをする中に、朝吉と出逢った。宏子の息子で養護施設にいるタカシを、誘拐しようとした菊沢は、朝吉の出現で失敗した。朝吉は、菊沢の影の女で、告別式に居た真珠の女、紅杏子から、菊沢の片棒をかつぐよう誘われたが、断わった。一方、菊沢に朝吉を狙うよう命令された清次は、拳銃で殺したかのように見せかけると、朝吉を海に逃がした。丁度香港のボスを迎えて、菊沢がはる宴会の席上にかけつけた朝吉と清次の奮闘で五億円の札束は無事保護され、悪党は一人残らず逮捕された。数日後、朝吉の叩く太鼓の音が、晴ればれと響いていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。