日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男の影
オトコノカゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年10月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

菊村到の原作を「いいかげん馬鹿」の熊谷勲と「海賊船 海の虎」の甲斐久尊、それに大槻義一が共同で脚色、「七人の刑事」の大槻義一が監督したアクションもの。撮影は「落第生とお嬢さん」の小原治夫。

スタッフ

製作
島津清
原作
菊村到
脚色
大槻義一熊谷勲甲斐久尊
監督
大槻義一
撮影
小原治夫
音楽
木下忠司
美術
宇野耕司
照明
佐久間丈彦
録音
熊谷宏
編集
浜村義康
スチル
久保哲男

ストーリー

毎朝新聞の敏腕記者本橋は、かつて記者として大先輩であった長谷川から“勝山建設社長自殺の真相”と題する売り込み原稿を受け取った。早速ハマに飛んで調べ始めた本橋は、黒滝組に単身乗り込むと、社長の黒滝に原稿をつきつけ、ホテルでの再会を約して別れた。しかし、約束の夜、ホテルの一室で本橋が見たのは、黒滝の死体であった。犯人の目撃者は、男の影を見たホテルのボーイ吉原のみだ。容疑者は、黒滝組の跡目相続に絡んで、小花と腰村、それに長谷川の息子で、黒滝の運転手の義夫と目されていた。長谷川の家に足を運ぶうち、本橋は、長谷川が執幼に黒滝を追う理由を聞いて愕然とした。かつて長谷川が一線記者であった頃、黒滝組の悪事をあばこうとした彼は黒滝によって、妻を奪われ、妻は自殺へと追いやられてしまったのだ。アル中にひとしい長谷川の生活は、その日から始っていた。義夫が家を出たのも、この暗い家庭が因であった。だが義夫の姉の須江子のけなげな心が、この家を崩壊から守っていた。本橋はいつか須江子に好意をもっていた。事件は吉原が溺死体となってあがったことで、更に進展した。生前吉原は“青”と名のる殺し屋から脅迫されていたのだ。やがて第三の殺人が起きた。小花とボスの席を争う腰村が射殺されたのだ。義夫が腰村殺しの犯人だと自首したが、ベテラン大木戸刑事は、即座に身代りだと見破った。犯人の追求は困難をきわめた。そのうえ本橋にとっては、長谷川さえ疑わしい存在となったのだ。ホテルの黒滝の部屋にあったコップから、長谷川の指紋が検出され、部屋に居たことが立証されたのだ。だが、本橋は新しいニュースをキャッチした。吉原が小花と一緒に、あの日海に出ているのだ。漁師の実証で小花をホシと睨んだ本橋は、国外脱出を企てる小花を追跡して、捕えた何もかもはっきりした。小花が三つの殺人を犯していたのだ。黒滝が死んだ日、長谷川が黒滝を訪れる前に、小花はあの部屋にひそんでいたのだ。本橋の顔にあんどのほほえみが流れた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。