日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

万事お金
バンジオカネ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年10月14日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

源氏鶏太の同名小説を「裸の重役」の井手俊郎が脚色「こんにちは赤ちゃん(1964 松林宗恵)」の松林宗恵が監督したサラリーマンもの。撮影もコンビの鈴木斌。

スタッフ

製作
藤本真澄
原作
源氏鶏太
脚色
井手俊郎
監督
松林宗恵
撮影
鈴木斌
音楽
山本直純
美術
村木忍
照明
石井長四郎
録音
伴利也
編集
岩下広一
スチル
山崎淳

ストーリー

月給二万一千円の安サラリーマン豊年太郎はBG音羽サクラと恋仲。ところが、愛情がすべてと考える太郎からの結婚申し込みも、愛情よりお金とわりきるサクラにあっさり拒絶された。というのも、サクラには三〇億をもつ四〇過ぎの資産家弓矢八万太郎との縁談があったからだ。が、この弓矢という男、太郎のいきつけのバーのマダムの体を借金の返済がわりに欲しがったり、二号はおろか、三号、四号……十号と持っているらしい、金にものをいわせるしたたか者。そんなとき、太郎は社長山盛金助から、取引会社の社長肝甚要太郎の二号松枝の娘ウメ子との見合をすすめられた。が、そういう金助の目的も金だ。ウメ子の持参金で会社をたてなおそうというのだ。愛社精神に富む太郎はこの見合いを承知した。ところが、このウメ子もドライな女。父親のいうなりに婚約をして、金をもらったら、そのまま好きな男と逃げだそうという魂胆。一方太郎はどうしてもサクラをあきらめられず、サクラの家へのりこんだ。が、ここでも、大金持ちの楽隠居を夢見るサクラの両親の猛反対にあい、サクラとの結婚をあきらめた。やがて、太郎はウメ子と婚約した。が、その日要太郎は株に失敗し、ウメ子には百万円しかやれぬ、それもウメ子母娘への手切金だというのだ。ウメ子はあっさり太郎にみきりをつけ、好きな男のもとへいってしまった。同じころ、サクラもがめつい父母が法外な金を弓矢に要求したので、破談になってしまった。二人の仲をさいたお金が、こんどは二人を結びつけた。サクラと太郎はしっかりと手をとり合った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。