日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 駅前天神
キゲキエキマエテンジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年10月31日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「喜劇 駅前音頭」のコンビ、長瀬喜伴がシナリオを執筆、佐伯幸三が監督した駅前シリーズの一篇。撮影もコンビの黒田徳三。

スタッフ

製作
佐藤一郎金原文雄
脚本
長瀬喜伴
監督
佐伯幸三
撮影
黒田徳三
音楽
広瀬健次郎
美術
小島基司
照明
比留川大助
録音
長岡憲治
編集
広瀬千鶴
スチル
大谷晟

ストーリー

予備校へ勤める、一見大正風の紳士徳之助は、浮浪児だった次郎を拾い、弟子として今日迄我が子同様に育てあげた。一方、お好み焼屋のママ景子は徳之助の愛人で由美という娘を生んでいた。しかし由美は、それを知らず死んだ徳之助の妻を母と思って暮してきた。徳之助は、そんな由美を次郎と一緒にさせようとしていた。ところがこの次郎、お好み焼屋の店員染子に首ったけ。そんなある日、高利貸の大金持大野の息子が由美をほしいといいだした。さっそく町内のまとめ役魚屋の孫惣が屋敷へ呼ばれた。人のいい孫惣は二つ返事で引受けた。さらに大野の使いで出版社の社長山越がアパートに次郎をたずね、由美が徳之助の娘であることを告げた。この山越の出現で、次郎は染子との仲が徳之助にばれてしまい、徳之助の怒りを買った。そして、染子を選ぶか、恩師のこの徳之助を選ぶかと問いつめられ、次郎は一人さびしく、岐阜へたっていった。次郎は恋人染子をあきらめ、浮浪児の自分を拾って、ここまで育ててくれた徳之助を選んだのだ。しかし、染子はショックのあまり、病気になってしまった。そこで、孫惣、由美らが考えだしたのが、このトリック。染子が死にそうだと、徳之助、次郎に急報した。泡を食って駈けつけた徳之助は次郎と染子との仲を許した。徳之助が言い終った後、医者いわく「一週間もすればピンピンします」

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。