日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

牝(1964)
メス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1964年11月21日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
88分  

「帰郷(1964)」の馬場当がシナリオを執筆「悪女」の渡辺祐介が監督した風俗もの。撮影は「狼と豚と人間」の星島一郎。

スタッフ

企画
吉野誠一片桐譲
脚本
馬場当
監督
渡辺祐介
撮影
星島一郎
音楽
木下忠司
美術
中村修一郎
照明
森沢淑明
録音
岩田広一
編集
田中修
スチル
田中真紀夫

ストーリー

学友の設楽次郎やボクシング選手吉田に身をまかせながら、首藤つや子はその満たされない気持を、父栄太郎に似た抱擁力のある半沢との逢いびきで、満していた。半沢は、首藤栄太郎の法律事務所で働いていた頃、妻絹と結婚し、独立してからは、つや子と絹の二人に性交渉がもてることに、異常な喜びを持っていた。やがて、二人の関係に気づいた絹は、虚しい結婚生活を清算するため、栄太郎に相談した。絹の心には栄太郎に近づくことが、つや子への復讐になることを願っていた。相談を受けた栄太郎は、抵抗を感じながらも絹のためにアパートを借りると、絹の白い肌におぼれた。つや子が半沢と交際していると知らされた栄太郎の驚きは大きかった。かつて半沢に妻を奪われた栄太郎は、半沢を罵倒したが半沢もまた「あなたも私の妻を奪った」とののしつた。一方つや子は、絹と父との関係を聞かされたうえ、半沢から「ママとの犯ちで生まれたのが君だ」と聞かされ強いショックを受けた。次郎の下宿に走ったつや子は、居合わせた吉田の前に、肌をさらした。オートバイで走った次郎とつや子は、事故のため、次郎は即死、つや子は重傷を負った。急を聞いて駈けつけた父の顔を見たつや子は、安堵感に父の胸にすがって泣き崩れた。「私は妻の面影を深く刻んだつや子を誰よりも愛している」と言いきる栄太郎には、絹と別れてきたことに後悔はなかった。つや子と一緒なら苦しくはない。栄太郎はつや子がさし出す、毒入りのグラスをかたむけた。すでに毒がまわったつや子の身体を抱いて栄太郎は崩おれた。首藤親娘の葬儀の帰途、半沢夫妻の車はダンプカーに激突して大破した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。