日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

河内ぞろ 喧嘩軍鶏
コウチゾロケンカグンケイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年12月06日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

今東光の原作を「男の紋章 花と長脇差」の甲斐久尊と「殺人者を消せ」の舛田利雄が共同で脚色、舛田利雄が監督した風俗もの。撮影は「愛と死をみつめて」の萩原憲治。

スタッフ

企画
高木雅行
原作
今東光
脚色
甲斐久尊舛田利雄
監督
舛田利雄
撮影
萩原憲治
音楽
伊部晴美
美術
千葉和彦
照明
熊谷秀夫
録音
神保小四郎
編集
丹治睦夫
スチル
坂東正男

ストーリー

河内生れの三人兄弟、仁助、多度吉、永三は亡くなった親父の葬式がすむかすまないうちに残った土地、家屋の財産配分をめぐっていさかいを起すほど欲の皮のつっぱった男たちだ。仁助は家をとびだし、惚れたお沢と一緒になり、八百屋稼業に精を出し、土地の衆から親分と呼ばれるようになった。また永三は、船乗りになるといって出ていったまま帰らず多度吉一人が家に残って百姓を継いだ。兄弟の中でも人一倍欲の皮のつっぱった仁助は、軍鶏賭博にあきたらず、ドサまわりのストリップ小屋を値切って一週間買い切った。そうするうち、仁助は、女房お沢に内緒で、ストリッパー・ルミーといい仲になった。が、それに気づいたお沢は、ある夜、厳しく仁助を問いつめた。窮余の一策、仁助は、ルミーが狐の化身だったと大ボラを吹いて、その場をのがれた。やがて、ストリッパーの旅立つ日がやってきた。が、一行の花形ストリッパー・まゆみの姿が見えなかった。不思議に思って問いただす仁助に、まゆみの夫ペットの梅は、博打にまけて、まゆみを土地のボス松戸組にとられたことを告白した。見かねた仁助は、単身松戸組に乗りこみ、まゆみを取返してやった。数日後、多度吉は、すでにお腹の大きくなった恋人お芳と結婚式をあげた。そんな最中、松戸組の子分数名が、まゆみを取られた腹いせに殴りこんできた。が、そこへかけつけたのが、外国から帰った永三。イタリア製催涙ガス銃を発射し、兄弟の危機を救った。永三は、外国の賭博場を荒しまわり、神戸へ帰って新しい店を出していたのだ。しかし、その日永三が帰ってみると開店したばかりの店は、松戸組の用心棒・ハジキの林蔵によってとりこわされていた。怒った三人兄弟は、ハジキの林蔵のところになぐりこんだ、ここでも永三のアメリカ製銃がものをいった。数日後多度吉の女房お芳が男の子を生んだ。口の悪い仁助と永三にからかわれた多度吉は、また二人の兄弟を相手に大乱闘を始めた--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。