日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

うず潮(1964)
ウズシオ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年11月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Eddy Currents of Life  
上映時間
96分  

連続テレビ小説林芙美子作品集より「女ばかりの夜」の田中澄江が脚色「愛と死をみつめて」の斎藤武市が監督した青春もの。撮影は「早射ちジョー 砂丘の決斗」の岩佐一泉。

スタッフ

企画
山本武
脚本
田中澄江小山崎公朗
監督
斎藤武市
撮影
岩佐一泉
音楽
小杉太一郎
美術
坂口武玄
照明
大西美津男
録音
古山恒夫
スチール
井本俊康
編集
近藤光雄

ストーリー

大正十一年林フミ子は県立尾道高等女学校の最上級生であった。フミ子の母ミノと義父の茂介が行商で歩く貧しい生活であったが、フミ子は明るい文学の好きな少女であった。おかずのたしにと、小川でしじみを取るフミ子に、網元の次男坊佐々木二郎は、好意をもって魚を贈ったりする、楽しい学生生活であった。この頃フミ子は国語の教師森に、作文の批評を仰いでいた。フミ子の明るさはクラスの人気者で、今日も大山のぶ江からつけ文の相談をされた。作戦を練ったフミ子は、指定の西光寺境内で絵筆をふるう青年にくってかかったが、実はのぶえの美貌を見込んだ梅林かつ江が絵葉書用の写真を撮ろうとしたのであった。一方フミ子の家庭は茂介が遠く行商に出たまま、借金はかさみ、フミ子も月謝や修学旅行費を催足されていた。だが陽気なフミ子が生活に疲れたミノを救っていた。ある日突然帰って来た茂介は、博打で金を使い果していた。仕方なく借金のため大杉質店に行ったフミ子は、境内で会った青年大杉光平に会って、恥しさに逃げ帰った。光平は帝大の学生で病気療養のため帰郷していたのだ。フミ子は修学旅行費の捻出のため帆布工場の臨時工になり、予定通り費用を作ったが、茂介から金の無心をされ、ミノの胸中を察すると、茂介に自分のお金をさし出した。修学旅行を断念したフミ子に、突然、二郎がプロポーズした。学業に専念したいと断ったフミ子を、光平のためだと誤解した二郎は、光平と西光寺の境内で対決したが、光平から「あの人が拒絶したのは、文学修行に励みたいからだ」と聞かされ、肩を落した。その頃、フミ子は、光平に魅かれながらも、境遇の相違からあきらめ、東京に行く決意を固めていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。