日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

今日もわれ大空にあり
キョウモワレオオゾラニアリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年02月29日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Tiger Flight  
上映時間
103分  

「青島要塞爆撃命令」の須崎勝弥のオリジナル・シナリオを「日本一の色男」の古沢憲吾が監督した航空映画。撮影もコンビの小泉福造。

スタッフ

製作
田中友幸
脚本
須崎勝弥
監督
古沢憲吾
撮影
小泉福造
音楽
広瀬健次郎
美術
北猛夫
照明
高島利雄
録音
増尾鼎
編集
黒岩義民
スチル
吉崎松雄

ストーリー

航空自衛隊、浜松基地では今日も三上一尉以下、小村、風間、佐々の荒くれ者が、訓練に励んでいた。彼らの夢は、人間の乗れる最後の戦闘機F104Jジェット機のパイロットになることだ。お互いに若いのにまかせて、パイロット食堂の栄養士由紀のもとにいっては、腹ごしらえを忘れない気ままな、訓練生活をしていた。しかし新任の隊長山崎二佐が赴任してからは、隊内の雰囲気が、一変した。毎日、毎日超音速の猛訓練は、彼等にとって、かなりきついものであった。ある日、風間は山崎隊長の見守る中、機上の人となったが、どうしたことか、飛行機の操作を誤り、九死に一生を得た。風間は以後、飛行機恐怖症になった。だが、数日後風間と、同乗した山崎隊長が、「パイロットは空に上ると頼れるのは自分だけだ」と言いながら空中から飛び降りた。これを見た風間の心に、再び空への挑戦が広がった。すっかり自信を回復した風間だが、マッハの世界は厳しかった。計算の上にたった自信で支えられていた山崎隊長は、パラシュート訓練中、軽く腰を打って、F104J機の搭乗を断念した。タイガー隊のアイドル由紀は遂に小村が射とめた。タイガー隊最後の訓練の日が来た。折りしも着陸地千歳航空は暴風雨だ。が山崎二佐は、四人の隊員に「今夜の飛行に成功すれば、F104機パイロットとして成功する自信が掴める」と餞の言葉とした。見事難飛行に成功した四人に、山崎は、自分を乗り越えて、F104機を乗りこなして欲しいと、言うと、浜松へと帰った。その後四人を乗せたF104機が轟音を残して飛んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。