日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

傷だらけの山河
キズダラケノサンガ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年04月04日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
A Public Benefactor/Tycoon  
上映時間
152分  

石川達三の同名小説を「青べか物語」の新藤兼人が脚色、「続忍びの者」の山本薩夫が監督した社会ドラマ。撮影は「現代インチキ物語 騙し屋」の小林節夫。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
川崎治直伊藤武郎
原作
石川達三
脚色
新藤兼人
監督
山本薩夫
撮影
小林節雄
音楽
活野成
美術
間野重雄
照明
泉正蔵
録音
須田武雄
編集
中静達治
スチル
薫森良民

ストーリー

有馬勝平は、電鉄、バスなどの交通事業の他、数種の会社をもつ大事業家だ。勝平の旺盛な欲望は女性関係にも現れ、妻藤子との間に二男二女をもちながら、片山民子と横田かね子の間にも、大学に通う息子がいた。藤子との政略結婚から、端を発した勝平の事業欲は、人の犠牲を意に介しない非情さのうえに立っていた。勝平の第四の女福村光子は、パリに留学を夢みる貧乏画家の、酒井吉春との生活に疲れていたところを、夫吉春をパリに留学させる条件で、勝平の女となった。光子と勝平の生活は愛欲にただれたものだった。そんなある日、勝平の次男秋彦は、光子を知り、いつか好意をもった。が、勝平との関係を知ると秋彦は生来の内向性を深めた。一方、勝平の事業欲は、ライバル香月との路線争いに勝ち、沿線に「西北学院」を建てた。しかし、勝平の人間関係は、崩壊しかかっていた。横田平次郎、片山竹雄の二人は、勝平との不義な出生と、彼の拝金主義に対する反感から、彼らの母親を動かし、勝平との絆を断ったのだ。光子とも縁を切った勝平は、第五の女小桃を手に入れた。永年交通事業発展の功で“勲章”をもらった、その祝賀パーティーの最中、人生の頂点にある勝平の耳に、西北学院に秋彦が放火したというニュースが伝わった。精神病院にいる秋彦の父に対する反抗であった。暗い空気につつまれる有馬邸、妻藤子も、秋彦と一緒に暮すと家を出たあと、勝平は、一人、「信念に生きるのみ」と呟き車を走らせた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。