日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サラリーマンの勲章
サラリーマンノクンショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年02月13日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

樹下太郎の同名小説を「太陽を抱く女」の富田義朗と「戦場の野郎ども」の堀内真直が共同で脚色、堀内真直が監督したサラリーマンもの。撮影もコンビの加藤正幸。

スタッフ

製作
深沢猛
原作
樹下太郎
脚色
富田義朗堀内真直
監督
堀内真直
撮影
加藤正幸
音楽
木下忠司
美術
森田郷平
照明
市村政次郎
録音
鈴木正男
編集
北見精一
スチル
佐藤不二於

ストーリー

自動車会社の第一販売課員「イモさん」こと井本宏は、勤統三十数年という古参社員だが、いまだに販売係の主任だった。しかし、人の面倒はよくみ、部下から慕われ尊敬されていた。そしてイモさんは数年前に妻を失い、今では一人娘真理と二人きりの生活をしていた。そんなイモさんの販売課に五人の新入社員が入社してきた。文学青年で語学が堪能な滝正之、ハッスル・ボーイ砂川量平熱血漢船尾昌和、スピード狂の北中寿夫、それに社長の息子でありながら、一介のサラリーマンとして働くという雨宮修二である。そんなある日イモさんは、忘年会の会場で、新社員を前に「おれのコーチを受ければ、三年で係長にしてやる、もし出来なければ一ヵ月の給料をかけよう!」と宣言をした。やがてイモさんのコーチで五人の社員の特別強化訓練が開始された。そんなときイモさんの同僚で定年を目前にした犬飼市郎が、社長雨宮のはからいで課長に昇進した。が、いざ課長になってみれば、責任が重くなるだけで、仕事は面白いものではなかった。サラリーマンに失望した犬飼は、妻の貞子を捨てて、昔の愛人宇多子のアパートに二百万円の持参金を持ってころがりこんだ。そこへ犬飼と同じ境遇の柳風吉が飛び込んできた。二人は意気投合し、三人の奇妙な生活が始まった。一方イモさんは、ある日社長の弟で販売課長をしている中岡仙三郎が、会社の秘密書類を持ち出そうとしているのをみつけ、意見したあげく殴りたおしてしまった。イモさんは責任を感じて辞表を出した。が、社長は会社の損失を救ってくれたイモさんに逆に感謝した。イモさんは「何かお礼を!」という社長の言葉に、北海道転勤を命ぜられていた部下の船尾を本社に残してくれとたのんだ。やがて三年の月日がたち、イモさんのコーチが実り滝は係長、雨宮はアメリカに、船尾、砂川、北中たちも後を追ってサラリーマン街道を突走っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。