日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続社長忍法帖
ゾクシャチョウニンポウチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年01月30日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「社長忍法帖」でコンビの笠原良三がシナリオを執筆、松林宗恵が監督した社長シリーズ。撮影もコンビの鈴木斌。

スタッフ

脚本
笠原良三
監督
松林宗恵
撮影
鈴木斌
音楽
山本直純
美術
村木忍
照明
石井長四郎
録音
伴利也
編集
岩下広一
スチル
秦大三

ストーリー

体当り作戦で、見事北海道万生会館の請負いに成功した岩戸建設は、労のあった北海道出張主任毛馬内を本社の営業課長に抜てきし、社長岩戸久太郎みずから彼の北海道弁を標準語にするべく猛訓練。業界Aクラス突入を目指す首脳陣・戸樫常務と忍法かぶれの総務部長間々田は、建設費五千万のこげつきの催促で甲賀商事社長を追跡中。札幌の大仕事を終えたばかりの技術部長石川も、妻京子にベビー誕生で大忙し。そんな時、北海道のバー・まりものマダム澄江が上京し「安い店を作ってくれ」と久太郎に談判した。泣き落された久太郎は、石川に設計図を頼むが、二世誕生でてんてこまいの石川は、つれない返事。久太郎は仕方なしに徹夜で大奮闘。みかねた妻登代子は、訳を知り京子に注意した。このため石川は家庭をしめ出され、仕事に猛ハッスル。一方甲賀社長を追う戸樫と間々田は忍法の秘術を尽して、甲賀をやっと捕えた。連絡を受けた久太郎は毛馬内に仕事を任せて京都へ急行し、社長会談が始った。その結果甲賀は、京都に建てるホテルの建設をあっ旋するから三カ月待ってくれというのだ。ただちに石川が、京都にとんだ。一方久太郎は、妻登代子の眼を恐れ“まりも”の開店には間々田をやり自分は単身京都に向った。が、そんなとき石川がホテルの設計士丹波と大喧嘩をはじめた。おどろいた久太郎は、さっそく丹波のところへあやまりに出かけたが、丹波のあまりの無礼に遂に大声一喝。これでホテルの仕事も失った。責任を感じた石川は辞表を出し姿をくらました。そんなときかつて岩戸建設が建てた関西デパートが火災を起した。岩戸建設は、石川以下の献身的な努力で、大売出しの前日に復旧作業を完成させた。関西デパートはこれに大感激し、買収した甲賀商事の未払金を払うことを約束した。岩戸建設は祝い乾盃にわいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。