日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

いれずみ判官(1965)
イレズミハンガン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年02月25日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「間諜」の沢島忠と「くノ一化粧」の中島貞夫が共同でシナリオを執筆、沢島忠が監督した時代もの。撮影は「博徒対テキ屋」の古谷伸。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
沢島忠中島貞夫
監督
沢島忠
撮影
古谷伸
音楽
佐藤勝
美術
大門恒夫
照明
中村清
録音
東城絹児郎
スチール
中山健司
編集
宮本信太郎

ストーリー

東照宮改築工事の材木入札が、江戸の代表的材木問屋・近江屋と難波屋との間で争われていた折も折、南町奉行所与力梶川三五郎と近江屋主人が相次いで殺された。間もなく近江屋殺しの犯人として、夜泣きそば屋の幸吉が、南町奉行与力兼田の手で挙げられ拷問により自白を強要された。兄の無実を信じて泣き喚く妹お加代や長屋の人達を見ながら、北町奉行遠山金四郎は、弱い町人達の味方になることを誓った。死んだ梶川には、お藤という女房があった。お藤は、生前梶川が調査していた材木入札にからむ不正を曝露した遺書を使って難波屋にタカっていた。これに気づいた金四郎は、遺書を手にいれようと、お藤の情夫清次に殴られ、土蔵に放りこまれた。この材木不正入札の事件には、老中水野忠邦をはじめ、南町奉行鳥居甲斐守、普請奉行榊原備前守、与力兼田軍次が加担してした。事件の根の深さを知った金四郎は土蔵に火をかけ、焼死にしたと見せて逃げ出し、兼田を夜の木場に呼び出した。死んだ筈の金四郎に呼び出されて愕然とした兼田は、半信半疑で木場に向った。近江屋に化けた金四郎は、一瞬青ざめる兼田の顔を見て、近江屋殺しの確信を深めた。が、そんな金四郎を刺客がとりかこんだ。その時金四郎を救けたのは、侍を嫌って浪人を楽しむ、金四郎の親友村上新二郎であった。しかしこの間お藤は老中水野の刺客坂崎の手で殺されていた。金四郎は、坂崎を死闘の末斬り、遺書を奪った。金四郎は、梶川の遺書を証拠に、水野ら三人の不正を摘発した。水野は失脚し幸吉は無罪放免となった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。