日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

我が青春
ワガセイシュン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年04月28日 
製作会社
蜂の巣プロダクション 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

松浦健郎が原作とシナリオを執筆「サラリーマンの勲章」の堀内真直が監督した歌謡ドラマ。撮影もコンビの加藤正幸。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原作
松浦健郎
脚色
松浦健郎
監督
堀内真直
撮影
加藤正幸
音楽
菊池俊輔
美術
春木章
照明
越村高幸
録音
小林一三
編集
笠間秀敏
スチル
佐藤不二於

ストーリー

愛川輝夫は高校生だが、父の急死に会って兄を巡業先に追った。兄の丈次はドサ廻りの歌手であったが、輝夫が漸く兄の劇団を見つけた時、丈次は劇団内のイザコザから争いにまきこまれ警察に留置されていた。この話を興行師の娘ヨシ子から聞いた輝夫は、示談にして欲しいと興行師にかけあった。輝夫の若い情熱に打たれ二人の未来に賭けた興行師は、丈次を許した。夢の実現に東京へ出る決心をした二人は、途中、クリーニング店の一人娘吉村夏子に出会い、二人は東京で店員となった。この店のお得意に音楽評論家で作曲もする春田カオルがいた。なんとか歌手になりたいという丈次は、春先生の紹介で杉岡芸術プロに所属した。杉岡プロには江藤純一というスターがいたが、彼は歌手としての才能はなく、彼の母の実業家としての力が彼をスターにしていた。ある日純一に侮辱された丈次は彼を殴った。杉岡は丈次を連れて江藤家へ謝罪に行った。見苦しい芸能界の一端に触れて歌手を断念しようと迷う丈次を、杉岡はスターにして売り出すことを約束し励ました。一年後丈次は完全にスターダムにのしあがった。杉岡プロから独立し、輝夫がマネージャーとなって、華やかなスター生活が始まった。ある夜劇場に出演中の丈次は、純一に買われた愚連隊に襲われ負傷した。丈次の代わりに、輝夫がその夜舞台に立った。輝夫の舞台は大成功に終り、杉岡プロから新スターとしてデビューした。輝夫の歌はことごとくヒットし、輝夫は新人賞を獲得、映画界へも進出した。そんなある日、ヨシ子が訪ねて来た。かつて二人の未来に賭けて、兄のあやまちを許した興行師の娘だ。借金で困っている彼の話を聞いた輝夫は、初の地方興行ワンマンショウを小さな町の小屋で開いた。輝夫の華やかな恩返しであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。